海鳥日記

<   2014年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

海に飛び込むウミガラスヒナ

7月17日のウミガラスの雛の巣立ちの様子です。

ヒナは通常崖の上から直接海に飛び下ります。ただ、この日は直接海まで行けずに、海岸の石の上に落ちてしまったようです。

上に見える2つの穴の左の穴の右側に白い点が見えます。これが巣立とうとしているヒナと親鳥です。右側にゆるやかに着水したのが親鳥、真っ直ぐ下に下りたのがヒナです。海に着水すると親鳥はすぐにヒナを呼びます。しばらくヒナの声が聞こえませんでしたが、ヒナが鳴き始めました。「ピーピー」、ただ姿が見えません。しばらくすると親が上陸してきました。するとヒナが親に駆け寄ってきました。しばらく時折り波がかぶる海に行けないようでしたが、ヒナは意を決して海に飛び込みました。親子は沖合いに去っていきました。


これまで、海に直接飛び込む巣立ちしか見たことがありませんでしたが、昔島にたくさんウミガラスがいたころは陸に落ちることもよくあったそうです。脳しんとうを起こすことがあるそうですが、ヒナは大丈夫なようです。

注) この日はたまたま、新聞記者の取材があり、ビデオにシャッター音がたくさん入っています。また、この日はたまたまいつも使用していたビデオカメラが故障しました。望遠の効かないコンパクトカメラで撮影したため画像があまりよくありません。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-29 12:05 | ウミガラス保護増殖事業

アカエリヒレアシシギ8月

8月14日に羽幌天売航路にアカエリヒレアシシギがいました。
f0159390_8382778.jpg


アカエリヒレアシシギは雌は卵を産んでからすぐに南下します。雌が天売の海を通過するのが7月くらい。

雄とヒナは遅れてちょうど今頃南下します。

もう秋の渡りは始まっています。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-26 08:42 | 【海鳥情報】天売島

今シーズンのウミガラスの繁殖が終了しました。

 
 今シーズンのウミガラスの繁殖は8月9日に最後のヒナが巣立ち、無事終了しました。今シーズンは、飛来数は35羽と昨年と同数でしたが、ヒナの巣立ちは7月12日~8月9日の間に昨年より2羽多い計11羽のヒナが巣立ちました。巣立ち成功は4年連続となったほか、二桁の巣立ちは18年ぶりになります。 
 ここ数年安定してヒナの巣立ちが成功しているのは、ハシブトガラスやオオセグロカモメの捕食者対策が成果を上げているものだと思います。

 ただ、天売島に飛来するウミガラスの数は依然少なく、今後も多くのウミガラスが天売島で繁殖をできるよう、様々な取り組みを行っていきたいと思います。
f0159390_13485996.png
f0159390_13501442.jpg


 たけ
[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-25 13:55 | ウミガラス保護増殖事業

ウミガラス機材撤去

ウミガラスの繁殖が終わったので、8月15日に天売島のウミガラス機材を撤去しました。

撤去したのは、巣内カメラの記録装置と電源と音声装置です。

まずは巣内カメラの線を取り外してからソーラーパネルやバッテリーを外します。
f0159390_1041640.jpg

f0159390_1042849.jpg


単管の骨組みだけになりました。
f0159390_104386.jpg


ウミガラスの巣穴に続く沢にたらしてあった巣内カメラのケーブルは冬越しするために高いところのくぼみにしまいました。この作業は8月18日に行いました。
f0159390_1073435.jpg

f0159390_104285.jpg


次に音声装置です。

巣内カメラと同様にケーブルを外し、ソーラーパネルやスピーカー、バッテリーなどを外します。
f0159390_9342693.jpg

f0159390_9342663.jpg



現地は足場が悪いので荷物は背負子にくくりつけて運びます。
f0159390_938384.jpg

f0159390_9344064.jpg

f0159390_1043321.jpg



現地は港がないので、海岸の岩場に直接船をつけます。
f0159390_1001758.jpg


船に荷物を満載して現地をあとにしました。
f0159390_935926.jpg


これらの機材を来年の春にまた設置します。


[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-25 10:11 | ウミガラス保護増殖事業

スズメ幼鳥

8月2日に羽幌でスズメ幼鳥がでていました。
f0159390_13333940.jpg


まだあどけない感じです。
f0159390_13333972.jpg


今年は3回も子育てをしていました。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-20 13:34 | 【自然情報】羽幌

オオシロシタバが大発生

8月6日に海鳥センターの壁に蛾がたくさん貼りついていました。
f0159390_98477.jpg


その蛾を調べてみるとオオシロシタバでした。
f0159390_98831.jpg


蛾に詳しい専門家に聞いてみたところ、オオシロシタバが大発生したという話は聞いたことがないとのことです。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-19 09:09 | 【自然情報】羽幌

知内でカンムリウミスズメ保護

8月1日に道南の知内町でカンムリウミスズメが保護されました。

海岸でカラスに襲われていたそうです。保護したのは知内町在住の渡辺純己(よしき)さんです。このカンムリウミスズメは足や翼を怪我しており、残念ながらその後死んでしまったそうです。
f0159390_9513067.jpg


このカンムリウミスズメは標本として海鳥センターに送られてきました。

カンムリウミスズメは本州の離島で繁殖していますが、この時期北海道の沿岸海域に北上することが知られています。繁殖羽と異なり冬羽の標本は少ないので、標本として換羽の状況や成鳥と幼鳥の違いを見極めるための重要な資料として役立てられると思います。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-12 10:00 | 本日の傷病鳥

ケイマフリ幼鳥

7月11日にケイマフリの幼鳥がいました。
f0159390_10514771.jpg


焼尻港を出たところにいました。
目の周りの白が薄く、首のあたりはうっすらと冬羽の白が見えます。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-11 10:49 | 【海鳥情報】天売島

礼文島海鳥調査③

礼文島から稚内への帰りのフェリーは利尻経由でした。

利尻島の鴛泊港の西側にウミウの繁殖地がありました。
f0159390_9141022.jpg


航路上ではしばらくなにも出ませんでしたが、ノシャップ岬が近づくと天売方向へ向かうウトウの群れに遭遇しました。
f0159390_9144310.jpg


ウトウの群れは稚内港に入るまで延々と現れ、1000羽以上はいました。ときどきハイイロミズナギドリも混じっていました。

そんななかミツユビカモメが現れました。
f0159390_9153550.jpg


ミツユビカモメは羽幌では早春と晩秋に現れる旅鳥です。稚内利尻礼文航路でも同様です。道東では越夏する個体がいるそうですが、日本海側では珍しいです。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-08 09:24 | 【自然情報】オロロンライン

礼文島海鳥調査②

礼文島海鳥調査の続きです。

トド島の周りを一周した後、上陸してみました。

島の上部は台地上になっていて、セリ科の高茎草本の花が一面に咲いていました。鹿川さんが写真を撮っていました。
f0159390_922288.jpg


台地のへりの斜面にはウトウの巣がありました。
f0159390_922874.jpg

f0159390_92342.jpg

f0159390_92948.jpg


まるで天売島にいるようです。
f0159390_902290.jpg


巣の前に羽毛が散乱していました。オオセグロカモメに食べられたのでしょうか?
f0159390_912440.jpg


昼間なので、島にウトウは不在でしたが、海上にはウトウが浮いていました。
f0159390_92162.jpg


つづく



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-07 09:14 | 【自然情報】オロロンライン

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな