海鳥日記

<   2014年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

カイツブリの巣作り

5月14日に遠別町でカイツブリが巣作りをしていました。
黒田弘章 撮影


1日で作り上げてしまうようです。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-31 17:41 | 【自然情報】オロロンライン

海鳥センターのお花畑

5月22日海鳥センターの前はたんぽぽのお花畑になっていました。
f0159390_1565386.jpg


草刈り前のつかの間です。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-30 15:07 | 【自然情報】羽幌

35羽のウミガラスの飛来を確認しています!

 今シーズンは、5月1日と3日の両日に、昨年と同じ最大35羽のウミガラスを確認しました。毎年、5月上旬にその年の最大飛来数を確認します。横3m×奥行き2mの巣内にたくさんいるウミガラスの映像をご覧ください(この映像には音声はありません)

 まずは5月1日の映像です。

 
 つぎは、5月3日の映像です。交尾をしている様子も確認できます。



 次回は卵の映像をお届けしたいと思います。お楽しみに。

                             たけ
[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-30 08:49 | ウミガラス保護増殖事業

ジュニアレンジャー始動!

今年もジュニアレンジャーの活動が始まりました!
今年度は羽幌、苫前、古丹別から14名の子ども達が参加してくれました。任命式を行ったあと、早速羽幌ビオトープで植樹活動を行いました。
f0159390_12383249.jpg

この日は朝から霧雨であいにくの天気でしたが、羽幌みんなでつくる自然空間協議会の皆さんと一緒にヤチダモを100本植えました。霧雨で寒いから早めに切り上げよう・・・と言っていたのですが、心配は無用でした。気合い十分のジュニアレンジャー達は寒さにも霧雨にも負けず、あっという間に100本植え終わってしまいました。来年はどのくらいまで生長しているか楽しみです。
f0159390_1248121.jpg

海鳥センターでお昼ご飯を食べたあと、一部のジュニアレンジャーがウトウのウッチー物語りの紙芝居を新人ジュニアレンジャーに紹介していました。すっかり「先輩」になっており一安心です。
f0159390_12594460.jpg

午後はゴミ拾いをしながら緑の募金活動を行うスーパーへ向かいました。ゴミはタバコの吸い殻が一番目立ちました。日本でも世界的にも多く見られるゴミと言われているのがタバコの吸い殻(フィルター)だそうです。フィルターは分解するのに数年かかると言われています。タールやニコチンを含んだ吸い殻が環境に大きく影響があることに気づかなければなりません。
f0159390_13152737.jpg

ゴミ拾いの後は町内のスーパーの玄関前で緑の募金活動をしました。これは北海道の森づくりのための活動で、集めた募金の一部は羽幌ビオトープの森づくりに使用します。募金にご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。
f0159390_1331855.jpg

今回は森と川と海のつながりを学びましたが、来月はメインのミッション「天売島海鳥かんさつ会」です。ジュニアレンジャーのみなさん、次回も元気よく参加してくださいね。また、サポーターの皆さんもご協力お願いします!
f0159390_13312731.jpg



(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-29 09:00 | ジュニアレンジャー

ウミガラス巣内カメラの映像を公開しています!

 
 ウミガラス(オロロン鳥)の日本で唯一の繁殖地である天売島。それも現在、繁殖しているのは赤岩の対岸の崖のくぼみ一箇所のみです。環境省羽幌自然保護官事務所では、そのウミガラスの巣内にカメラを設置し、飛来数や繁殖状況などを撮影し保護活動に役立てています。
 
 今シーズンも巣内カメラを4月に設置し、撮影を行っています。今シーズンからの新たな試みとして、映像だけでなく巣内の音声も録音できるようになりました。(設置状況などは過去のブログをご覧ください)
 
 ただ、設置してしばらく機材調整の関係で録音ができていませんでしたが、このたび回復し巣内の様子を音声付きで撮影できるようになりました。
 
 現在、ウミガラスの巣内には多いときには35羽くらい確認することができます。巣内は結構うるさく、オロローン(と聞こえる)声もわかるでしょうか。






 なお巣内カメラは、夜でも赤外線照明を使って鮮明に撮影することが出来ます。


 これから定期的にウミガラスの卵やヒナの様子など、わかりやすく紹介していきますので、是非ご覧ください。羽幌のシンボルであるウミガラスをもっと身近に感じて頂ければと思います。

たけ
[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-28 14:31 | ウミガラス保護増殖事業

アカエリヒレアシシギ

5月21日に天売の海で流れ藻にアカエリヒレアシシギがついていました。
f0159390_144119100.jpg


アカエリヒレアシシギは5月頃に主に羽幌焼尻間の群で海を通過しますが、とても小さく米粒ほどの大きさにしか見えませんでしたが、今回は間近に見ることができました。
f0159390_1442225.jpg


今の時期雌はその名の通り、首の後ろから前にかけて朱色の帯があります。
f0159390_14412238.jpg




[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-27 14:40 | 【海鳥情報】天売島

海上海鳥調査をしました。

5月21日に天売島の海上で海鳥調査をしました。

ケイマフリがいました。
f0159390_1416322.jpg


シライソではいつものようにゴマフアザラシが岩礁で休んでいました。
f0159390_1416861.jpg


ウトウです。ケイマフリ、ウミガラス、ウミスズメに目が行き、以外と昼間の写真がなかったので、今回はしっかりと写真を撮ってみました。
f0159390_1416860.jpg




[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-26 14:15 | 【海鳥情報】天売島

航路海鳥調査 5/21

5月21日の羽幌天売航路で海鳥調査をしました。

予想通りアカエリヒレアシシギの群が現れました。
f0159390_13535289.jpg


ハイイロミズナギドリもいました。
f0159390_13534123.jpg


オオハムの夏羽です。
f0159390_13534397.jpg


ハシジロアビの夏羽もいました。
f0159390_13534545.jpg


アビ類はまもなくいなくなります。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-25 13:47 | 【海鳥情報】天売島

ホウロクシギ

5月13日に羽幌でホウロクシギがいました。
f0159390_11345023.jpg
黒田弘章 撮影


水の入った田んぼでなにか餌を食べていました。くちばしを使って上手に捕まえていました。
黒田弘章 撮影


ホウロクシギは羽幌で初確認です。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-24 11:31 | 【自然情報】羽幌

キセキレイが空中捕獲

キセキレイが虫を空中捕獲していました。

一瞬の早業です。
黒田弘章 撮影





[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-23 11:25 | 【自然情報】オロロンライン

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな