海鳥日記

<   2014年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

コオリガモ2014

2月24日に羽幌港にコオリガモが現れました。
f0159390_1548536.jpg


コオリガモは苫前港ではよく見かけますが、羽幌港に入ってくることは珍しいです。

暖かくなってきたからか、厳冬期の間しばらく見かけなかったカモメの仲間も現れました。

f0159390_15495329.jpg
セグロカモメ

f0159390_15494774.jpg
カモメ



[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-24 15:52 | 【自然情報】羽幌

ユキホオジロが現れました(2014)

2月21日は羽幌は大雪となり久々に20cmくらい積もりました。

そんな冬の最中にちょっと早い春のたよりです。

2月21日に羽幌にユキホオジロが現れました。
f0159390_15331956.jpg
岩澤光子 撮影


ユキホオジロと言えば雪が積もっていない畑などで植物を種などを食べる鳥です。

しかし、こんな大雪の日に雪が積もっていないところなどあるのでしょうか?

ユキホオジロはなんと除雪車が搔いていった後の草が露出した部分をしたたかにも利用してました。
f0159390_15341235.jpg
岩澤光子 撮影


羽幌では2-4月に観察記録があるちょっと早い渡り鳥です。
f0159390_1535928.jpg
岩澤光子 撮影


これからだんだん渡り鳥の情報が入ってくると思います。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-22 15:25 | 【自然情報】羽幌

隠れています

下の写真の中に何者かが隠れています。
f0159390_15133094.jpg
岩澤光子 撮影












見つかりましたか??


その正体はアオシギでした。じーっとしていて動かないので、飛び立って初めてわかるのことがしばしばです。
f0159390_15142932.jpg

岩澤光子 撮影


アオシギはシギの仲間でも珍しく北海道に越冬しにきます。
ここのように冬でも凍らない湧水のある湿地にやってきます。

4-5年前にここで発見されました。
アオシギは毎年来ていたのですが、この冬は雪が少なかったからでしょうか?なぜか見つかりませんでした。


いるはずと何度も足を運び、4回目の2月11日にようやく見つけたそうです。


また来年も来て欲しいものです。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-21 15:24 | 【自然情報】羽幌

ワシカモメ

2月19日に羽幌港にワシカモメがいました。

この冬は港に海鳥が全然入ってこないのでワシカモメは特別珍しい海鳥ではありませんが紹介しています。
f0159390_13404538.jpg


左のオオセグロカモメと比べて背中の色が薄いです。この個体は第4回冬羽です。
f0159390_13413030.jpg


ワシカモメは11月29日のブログでも紹介されています。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-19 13:46 | 【自然情報】羽幌

2012年のオジロワシの巣

2012年に羽幌町周辺で繁殖したオジロワシの巣の映像です。

5月上旬、5月下旬、6月下旬にカメラを設置して撮影しました。


こちらは6月21日の映像です。
黒田弘章 撮影


この巣からは2013年もヒナが巣立っています。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-15 17:04 | 【自然情報】羽幌

早朝の海のウトウ

ウトウと言えば、夕方の帰巣が有名ですが、まだみんなが寝ている早朝夜明け前には海へ出て行きます。

2012年6月8日の天売島海鳥繁殖地そばの海上の様子です。これらは全部ウトウです。


早朝のウトウの繁殖地の様子はこちら

夕方のウトウでいっぱいの天売の海はこちらの記事の動画をご覧下さい。


[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-14 14:51 | 【海鳥情報】天売島

天売島のキョウジョシギ(2012年5月)

2012年5月29日の天売島のキョウジョシギの映像です。

海草に隠れた餌を探しているようです。体の色は乗っかっている岩礁によく似ています。


古い動画を整理して、まだ公開していないものを発見しました。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-13 12:16 | コーヒーブレイク

ジュニアレンジャーと冬の森探検

先週の土曜日に、ジュニアレンジャーのミッションで、自然観察をしながらスノーハイクをしてきました。
当日は久々の快晴で、風もなく、雪も調度良く積もり、絶好のスノーハイク日和でした。
場所は羽幌町民スキー場の裏の森です。スノーシューで森の中を歩きながら、動物の痕跡、木の芽探しをしてきました。
f0159390_13463713.jpg

森の中を歩くと、早速、エゾユキウサギの足跡がたくさんありました。
f0159390_13473075.jpg

足跡をたどりながら進んでいくと、羊の顔に見えるクルミの木の芽を発見。羊ではなく、ミッキーマウスに見えた子もいたようです。見方は人それぞれ違いますね。
f0159390_1350167.jpg

木の芽について、サポーターにスケッチブックで紹介をしてもらいました。木の芽の見方を変えたら面白い顔に見える事がわかると、ジュニアレンジャー達は興味津々で聞いていました。
f0159390_13583758.jpg

他にも、木の下にはエゾシカの足跡や食痕があり、エゾユキウサギの糞がたくさん落ちているなど、たくさんの動物の痕跡を見つけるこができました。今回のミッションで、動物の痕跡を探して見つける力をつけた他、冬芽の楽しみ方も覚え、大収穫のスノーハイクだったようです。
f0159390_13585787.jpg

午後は、ソリや肥料袋を使っての尻滑り、雪合戦、雪だるま作りなどをして、冬のスキー場で思う存分遊びました。大人になっても、雪遊びは楽しいものですね。
f0159390_14372260.jpg




(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-11 14:45 | ジュニアレンジャー

増毛港にアビ

2月8日に増毛港にアビがいました。
f0159390_9144274.jpg


すごい近かったのですが、この日望遠レンズのついたカメラを持っておらず、コンパクトカメラで撮りました。
f0159390_915045.jpg




[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-10 09:17 | 【自然情報】オロロンライン

羽幌天売航路の海鳥(2014年2月)

2月9日に羽幌天売島航路の海鳥調査に行って来ました。1月は波が高い日が多くて行けなかったので、今年初めての調査です。

まず羽幌港を出てほどなくして出てきたのがウミスズメです。
f0159390_16261668.jpg


かなり沖でウミガラスです。左が冬羽右が夏羽。この冬は少ないです。
f0159390_16264181.jpg


ケイマフリ冬羽です。今年の冬は多く感じます。
f0159390_1627246.jpg


オオハムです。5羽の集団もいました。
f0159390_16261967.jpg


この冬初確認のハシブトウミガラスです。焼尻港を出たところにいました。
f0159390_16273669.jpg


このほかに出た鳥
アカエリカイツブリ、ハシジロアビ、ウミウ、ヒメウ、コオリガモ、ウミアイサ、シロカモメ、カラスsp




[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-09 16:34 | 【海鳥情報】天売島

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな