海鳥日記

<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

遠別町でカルガモ親子

6月13日に遠別町でカルガモ親子がでました。

8羽のヒナが親と一緒にえさを探していました。外敵に襲われても逃げにくい浅瀬にいて親鳥は一時離れてしまいますが、公園の池なので危険は少ないのかもしれません。
黒田弘章 撮影





[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-30 16:51 | 【自然情報】オロロンライン

チュウサギ・ダイサギ・アオサギ

6月11日に遠別町でチュウサギ・ダイサギ・アオサギが一緒にいました。

チュウサギとダイサギの違いがよくわかります。
黒田弘章 撮影




[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-29 16:46 | 【自然情報】オロロンライン

写真展開催のご案内

当ブログに度々自然情報と写真を提供していただいている、岩澤光子さんの写真展を始めました。
f0159390_9444291.jpg

岩澤さんは5年前に自然観察をはじめて以来、羽幌や道北で毎日のように自然を観察して、それを記録しています。カメラはその記録ツールとして毎日持ち歩き、日々の発見を写真に残しています。

この5年間には、キガシラセキレイの日本初記録亜種の発見や、羽幌初記録の野鳥を多数発見するなど、貴重な記録がたくさんあります。また植物にも詳しく、羽幌の植物情報はほとんどが岩澤さんからいただいたものです。

5年間に撮りためた羽幌や道北の自然の様子を、写真展として展示しますので、ぜひご覧ください。


■岩澤光子写真展 〜羽幌町在住の主婦が見つめた道北5年間の自然〜

 期 間  平成25年6月28日(金)〜9月末ごろまで
 場 所  北海道海鳥センター展示室
 入場料  無料
[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-28 09:48 | 展示紹介

焼尻島海鳥調査2013

6月9日に焼尻島で海鳥の繁殖調査を行いました。
この調査は2010年より毎年行っています。

ウミウは鷹巣という島の南島にある崖地で繁殖しています。今年は天売島と同様で前年よりかなり少なくなっていました。
f0159390_1742990.jpg


オオセグロカモメの繁殖数は年々増加しています。
主な繁殖地のフェリーから見える離岸堤です。
f0159390_176590.jpg


ここでは最近エスカレートしたのか、人が普通に行ける場所でも繁殖しています。
私が近づいたので巣から離れ心配そうに見守っています。ネコは来ないのでしょうか?
f0159390_1764165.jpg


この岸壁のくぼみに3つの巣がありました。
f0159390_1774266.jpg


信じられないことに船着き場の係留する杭のそばにも巣がありました。漁師さんとの関係はどうなっているのでしょう?
f0159390_1781396.jpg


これでだけなら普通に終わったのですが、驚いた結果がありました。

焼尻島で調査する前に磯乃屋旅館さんのところに寄ったのですが、そこで、磯野直さんは
「ウミネコがたくさん繁殖しているよ」と言うのです。
「ぼくは2010年から毎年調査していますが、オオセグロカモメは繁殖していますが、ウミネコは繁殖した記録はないですよ」。
「まあ、見に行ってみな。」

半信半疑でぼくはいつも調査をしている岩場に行きました。するとウミネコが天売島にいるように200羽くらいが乱舞していました。でも、焼尻島にも繁殖していないウミネコがいたので、いるだけかなと思いました。そしていつもオオセグロカモメが繁殖しているのと違う斜面を見るとウミネコがたくさんいるのを見て驚きました。
f0159390_17174712.jpg

なぜならここは去年1羽のウミネコもいなかったからです。
f0159390_17172528.jpg


よくみるとちゃんと巣もありました。
f0159390_17191643.jpg

数えると60巣以上ありました。
f0159390_17184944.jpg


交尾もしていました。
f0159390_17193858.jpg


今年の天売島のウミネコの繁殖は悪く、巣立ちひなを見ることができるか心配です。
天売島には捕食者のネコやオオセグロカモメ、ハシブトガラスがいますが、焼尻島も同様でここには天売島にはいないイタチもいます。

焼尻島でのウミネコの繁殖が成功するか興味深いところです。

帰り際にもう一度磯野さんに会い、ウミネコがいたことを報告しました。ただ、ウミネコの調査で時間を取られ船の時間が迫っていたので、
「早く行きな」と言われ、私はフェリーターミナルへ急いで向かいました。




[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-27 16:58 | 【自然情報】焼尻島

ミンククジラ

6月9日に焼尻島と羽幌の間の海にミンククジラがいました。

海鳥の調査をしていると、沖からこれまで見たことないほどの水しぶきが・・・。
なんだろうと思って見ると沖合いでクジラが直立していました。
f0159390_16353317.jpg


体を傾けて
f0159390_16353916.jpg


ざばーん
f0159390_16351841.jpg


これはブリーチングという行動だそうです。1分くらい続いていました。

この航路では時々イルカやクジラをみかけるのですが、見えるのは背びれだけでどの種類かよくわからず、ブリーチングをするところは見たことはありません。

一時フェリー内ではこのクジラを見た人で騒然としていました。



[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-26 16:34 | 【自然情報】焼尻島

アカアシミズナギドリ

6月9日に羽幌天売航路上にアカアシミズナギドリがいました。
f0159390_16173083.jpg


アカアシミズナギドリは6-7月頃周辺の海でみられます。飛んでいるときは見えないですが、足が赤く嘴の根元は桃色なのが特徴です。
f0159390_16173581.jpg





[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-25 16:13 | 【海鳥情報】天売島

雲海テラス

6月7日に雲海テラスにいきました。
f0159390_1682291.jpg


とは言ってもここはギアナ高地ではなく、天売島です。
f0159390_168297.jpg


海を霧が覆い、まるで高山の山頂から雲海を見ているようでした。

こういう日は海鳥の観察にはよくないですが、また変わった風景でした。




[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-24 16:05 | 【自然情報】天売島

6月にホウロクシギ

6月はじめに遠別町にホウロクシギがいました。

6月の渡りのシギは珍しいです。嘴がとても長いです。




[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-23 16:22 | 【自然情報】オロロンライン

初山別村でオオアカゲラ

5月28日に初山別村にオオアカゲラがいました。

雌タイプが2羽にアカゲラも1羽来ます。
center>黒田弘章 撮影



[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-22 16:03 | 【自然情報】オロロンライン

遠別町でメダイチドリ

5月23日に遠別町でメダイチドリが出ています。

黒田弘章撮影




[PR]
by seabirdcenter | 2013-06-21 15:56 | 【自然情報】オロロンライン

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな