海鳥日記

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第10回海鳥デザインコンテスト受賞作決定

第10回海鳥デザインコンテストは、全国各地より約204点のご応募をいただきました。3月27日に審査をおこない、各賞を決定いたしました。

選考基準は、海鳥保護や海洋環境保全のメッセージが伝わり、観光振興や特産物のPR活動など、海鳥やその繁殖地を広く紹介するための活動に使用できるものとしています。

全受賞作品の画像はただいま準備中です。近日中に海鳥センターウェブサイトに公開しますので、しばらくお待ちください。本日は、オロロン鳥賞とケイマフリ賞の作品画像と、受賞者とタイトルのみの発表となります。
f0159390_11234844.jpg
オロロン鳥賞
「 SAVE ORORON 」
武藤 洋子(埼玉県)


オロロン鳥部門:
 オロロン鳥賞 武藤 洋子(埼玉県)『SAVE ORORON』
    優秀賞 松末 哲也(兵庫県)『SAVE ORORON SEA BIRD』
        kayoo(兵庫県)『WE LOVE SEABIRD!!』
     入選 猿田 眞佐雄(札幌市)『高めよう!海鳥保護と海洋環境保全への意識』
        南 友加里(大阪府)『海鳥が住む島』
        松井 悠河(岐阜県)『かけがえのない樹形図』
        てらだ たまみ(岡山県)『ケイマフリとオロロン』
    佳作  堀内 ゆ芽加(静岡県)『守ろう、オロロン鳥』
        八谷 早希子(江別市)『Blue Egg〜未来への希望』
        小柴 雅樹(兵庫県)『akaruku ikou』
        高塚 麻由(静岡県)『私たちのコロニー』
        久保田 しのぶ(東京都)『生命(いのち)のつらなり』
ケイマフリ部門:
 ケイマフリ賞 若松 来桃(旭川市)『ウトウ』
   A優秀賞  佐藤 里菜(札幌市)『ケイマフリ』 
        喜多 音葉(札幌市)『ケイマフリ』
    A入選  光友 綾菜(愛知県)『守ろう海の生命』
        河合 かえで(愛知県)『救おう 海の鳥』
        谷 葉月(愛知県)『エトピリカ』
        和田 優花(東京都)『ぼくの宝物』
        坂本 翔(羽幌町)『ケイマフリ』
   B優秀賞  泉山 綾花(札幌市)『ケイマフリ』
        音喜多 花菜(札幌市)『ケイマフリ』
    B入選  窪田 みゆ(函館市)『わたしは音楽家』
        窪田 頼人(函館市)『エトピリカのきょうだい』
        久田 翔子(愛知県)『にじとペンギン』
        稲葉 帆南(愛知県)『うみどり あつまれ〜』
        谷口 洸佑(愛知県)『ペンギンのタマゴ』

f0159390_1418287.jpg
ケイマフリ賞
「 ウトウ 」
若松 来桃(旭川市)

[PR]
by seabirdcenter | 2011-03-31 14:22 | 行事報告

羽幌学講座

3月23日に羽幌学講座を行いました。
f0159390_16291189.jpg

発表では昨年のウミガラス保護増殖事業の報告と、海鳥繁殖地としての天売島の位置づけについて2つにわけて行いました。

・ウミガラスの報告では今年行う予定の新たな対策についても発表しました。
・海鳥繁殖地としての天売島の位置づけではウトウを中心とした海鳥にとっての天売島とはどのような場所なのか、視点を国内や世界に広げてやや遠いところから見てみました。

たくさんの方に参加していただき、留萌から来ていただいた方もいました。
ありがとうございました。。

(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-03-24 17:18 | 行事報告

羽幌学講座(オロロン鳥のはなし)のご案内

羽幌学講座(オロロン鳥のはなし)を3月23日(水)19:00-20:00頃までに北海道海鳥センターで行います。

f0159390_16422797.jpg

町民向けの講座ですが、町外の方でもまったく問題ありません、ぜひご参加ください。

発表内容
1.昨年の天売島のウミガラス(オロロン鳥)の報告
昨年の天売島のウミガラスの繁殖状況を写真やビデオを交えながらわかりやすく報告します。

2.海鳥繁殖地としての天売島の位置づけ
天売島は海鳥の繁殖地として有名ですが、近くに住んでいると意外とわかりづらいものです。
・・・実を言うと、とてもすごいところなんです。海鳥繁殖地としての天売島はいかにすごいかということを説明します。

(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-03-16 16:54 | イベント・行事案内

心よりお見舞い申し上げます




このたびの地震と津波で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

深い悲しみの中、今なお困難な状況にある方々のことを思い、
一日も早く平穏な日常が戻ることを祈っています。





■海鳥デザインコンテストの作品募集延長について
開催中の第10回海鳥デザインコンテストですが、現在、一部地域から北海道への郵便物の引受けが停止されています。また、すでに応募されたみなさまの作品も、遅配等により3月15日としていた締め切りに間に合わないことも予想されます。

このような状況ですので、3月末に予定されている選考会(日時未定)の直前まで募集を延長し、届いた作品については応募を受け付けることとしました。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。
[PR]
by seabirdcenter | 2011-03-14 22:27 | インフォメーション

写真コンテストで入賞しました

海鳥センターのジュニアレンジャーとして活躍しているRさん(小6)が、(財)自然公園財団主催の野生生物動物写真コンテストに応募、見事に入賞しました!
f0159390_17173715.jpg
入賞作品『キツネのうしろ姿』

キタキツネは羽幌の町中でも見かけます。Rさんによると、この写真は5年生の11月に海鳥センターの裏で撮影しました。このキツネはRさんに気づいていたのかいないのか、特に警戒もせずじっくり撮らせてくれたそうです。Rさんは小学4年からジュニアレンジャーになり、それから写真に興味を持ち一眼レフで撮影し始めましたので、カメラ歴若干1年半での入賞は快挙です。

写真を得意とするジュニアレンジャーはほかにもいて、海鳥センターでは常時展示しています。大人顔負けの写真をぜひ見に来てくださいね。

(Z)
■3月の休館日 7日(月)、14日(月)、22日(火)、28日(月)
■21日(月・祝日)は開館します。〈開館時間:9時〜午後5時〉
[PR]
by seabirdcenter | 2011-03-09 17:11 | ジュニアレンジャー

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな