海鳥日記

<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

電池から地球環境を考えよう

昨日26日(土)にジュニアレンジャーのミッション(研修会)を行いました。テーマは「電池から地球環境を考えよう!」です。これは三洋電機(株)が小学生向けに開発した環境プログラムで、環境省のこどもエコクラブが推奨しています。
f0159390_16152395.jpg

環境問題の原因が普段の暮らしの中にあることや、充電池は1000回も繰り返し使えるのでゴミを増やさないことなどを学びました。
f0159390_1611138.jpg

体験プログラムには実験セットも含まれています。ひとつは、ソーラーパネルなどの充電器を使い、プラレールを何周走れるか実験しました。充電時間何分で、電車は何周走ることができるか予測を立てると結果は全て予想を上回り、そのパワーに驚いていました。
f0159390_16115069.jpg

もうひとつは、2種類の金属と食塩水を使い、自らが人間電池となって、電子オルゴールが鳴るか実験を行いました。両手に食塩水をつけて、右手にステンレス製スプーンを持ち、左手をアルミホイルに一斉につけると、メロディが鳴りました。1人がスプーンを離すと音が途切れるので、全員に電気が通っていることがわかりました。
f0159390_16344227.jpg

ミッションには、高校生4名がサポーターとして参加してくれました。ジュニアレンジャーは、高校生に教えてもらいながら、身近な環境問題や電池を通して実験の楽しみを感じてくれたと思います。
f0159390_16145185.jpg


(Z)
■3月の休館日
7日(月)14日(月)22日(火)28日(月)*21日(月)は祝日のため開館します。
■海鳥デザインコンテスト募集中! 締切3/15(火)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-27 16:25 | ジュニアレンジャー

ビロードキンクロ雄

2月24日に羽幌港にビロードキンクロがいました。
f0159390_1213860.jpg
『ビロードキンクロ』岩澤光子 撮影

ビロードキンクロのオスは赤い嘴と目元の白い線が特徴的です。白い線は目のように見えますがよく見るとそのそばに丸い目があります。ビロードキンクロは赤い足を持っていることが偶然わかりました。ケイマフリのように赤くて大きいです。
f0159390_12153813.jpg
『ビロードキンクロ 赤い足』岩澤光子 撮影

ビロードキンクロはシベリアで繁殖し、冬には日本近海にいる潜水性のカモの仲間です。キンクロと名前がついていますが、キンクロハジロよりもクロガモにより近縁です。

ビロードキンクロは2008年11月に羽幌港で確認されています。2009年11月19日には保護されましたが、いずれもメスか若い個体でした。今回はオスが目撃されました。
今年の冬にはこれまで見かけなかったので、この暖かさで南のほうから移動してきたのかもしれません。

(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-25 12:24 | 【自然情報】羽幌

トマムでミミカイツブリ保護

トマムでミミカイツブリが保護されました。

2月21日に道東自動車道トマムインター付近の道路にいるところをネクスコ・メンテナンス北海道帯広事業所の方が保護しました。
f0159390_14405465.jpg

ミミカイツブリは1月17日にも苫前町の内陸で、また近縁のアカエリカイツブリは中川町で保護されたことがあります。これらの鳥は冬には海上で生活していて、風に流されて陸上に下りても飛ぶことができません。

トマムと言えば北海道の真ん中に位置するため、どうしてはるばるこんなに内陸まで来てしまったののか不思議に思います。夏とは異なり水面も凍っていて降りる場所もなかったのではないでしょうか?
f0159390_14412768.jpg

このミミカイツブリははカラスやキツネなどに見つかれば食べられてしまうところを偶然保護され事なきを得たようです。この後十勝総合振興局の人により近くの川で放鳥されたそうです(海での放鳥が望ましいです)。

(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-24 14:43 | 海鳥の話題

羽幌のユキホオジロ春

羽幌で2月21日にユキホオジロを見たとの情報が寄せられました。
f0159390_8502975.jpg
『ユキホオジロ』(岩澤光子 撮影)

ユキホオジロはその名のとおり白いホオジロの仲間で、日本では主に北海道に冬鳥として来ます。雪の少なく土が出ている場所に集団で集まり草の種子などを食べます。
f0159390_8584722.jpg
『ユキホオジロ3羽』(岩澤光子 撮影)

f0159390_8591062.jpg
『ユキホオジロ』(岩澤光子 撮影)

羽幌は雪が多いためこれまで目撃されたことはほとんどありませんでしたが、この日は雪がなくなるのが早い海岸沿いの草地にいました。
f0159390_91164.jpg
『エゾシカ』(岩澤光子 撮影)

ここにはシカも来ていました。

最近の暖かさのため、豪雪だった羽幌にも一足早い春の便りが来たようです。

(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-23 09:06 | 【自然情報】羽幌

フクロウの巣箱を設置しました

先日、当ブログで紹介したフクロウの巣箱を、昨日(2月19日)に町内の林に設置してきました。巣箱は海鳥センター友の会メンバーの1人が大工さんに頼んで作ってもらったものです。
f0159390_16154816.jpg


これまでフクロウが営巣していた木が昨春の大風で倒れて、大きな樹洞のある木が付近に無くなってしまいました。フクロウの繁殖を毎年楽しみにしていた友の会メンバーは、みんな残念がり、巣箱の設置を希望していたのです。

f0159390_1616871.jpg
この日は友の会メンバーが集まり、みんなで協力して設置しましたが、高所での作業はなかなか大変でした。一つはかなり高い位置に、もう一つは低い位置に取り付けてみました。
f0159390_16164757.jpg


フクロウの繁殖期はすでに始まっているので、設置が遅くなってしまいましたが、さすが大工さんの作った巣箱はとても頑丈なので、来年以降も問題なく使えると思います。いつの日か、この巣箱からフクロウたちが巣立ってほしいと願っています。

( I )



第10回 海鳥デザインコンテスト 作品募集!締切3/15(火)

【採用情報】北海道海鳥センター嘱託職員募集 まもなく締切 2/25までです。
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-20 16:42 | コーヒーブレイク

オオキトンボ 道内初確認

2月16日の北海道新聞でご覧になった方も多いと思いますが、絶滅危惧種に指定されているオオキトンボが自然空間はぼろ(羽幌ビオトープ)に生息していることが確認されました。北海道で生息が確認されたのは初めてのようです。
f0159390_17101975.jpg
(オオキトンボ 撮影:山崎永尋さん)


道内のトンボ研究家らによって昨年9月に発見、確認され、その後いつも当ブログに写真を提供していただいている山崎永尋さんが2009年9月に撮影していたトンボも、オオキトンボであることが確認されました。

オオキトンボはアカネ属の仲間(いわゆる赤とんぼ)です。日本では青森県以南の本州・四国・九州北部で記録がありますが、その生息地は局地的です。開発などによって著しく減少していると考えられ、環境省のレッドリストで絶滅危惧1類(絶滅の危機に瀕している種)に指定されていてます。

絶滅のおそれのある種の生息が確認されたことはとても嬉しいのですが、乱獲などが心配されます。自然空間はぼろは、オオキトンボ以外にも多くの生き物が生息する、とても貴重な、生き物のにぎわいあふれる豊かな環境です。

ぜひみなさんにも自然空間はぼろにお越しいただき、生き物のにぎわいを感じていただきたいのですが、生き物の生息地を荒らさないよう、採集はせずにそっと観察していただければと思います。

( I )



第10回 海鳥デザインコンテスト 作品募集!締切3/15(火)

【採用情報】北海道海鳥センター嘱託職員募集 まもなく締切 2/25までです。
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-19 17:14 | 自然空間はぼろ

ナキイスカ

2月9日に羽幌町でナキイスカが初めて確認されました。
f0159390_11401227.jpg
『ナキイスカ オス (岩澤光子 撮影)』

イスカの仲間はくちばしの先が交差している(写真ではわかりにくいです)ため英名ではCross-billと呼ばれており、この交差した嘴を使ってマツの木でマツボックリを食べるとされています。

ナキイスカはロシアなどで繁殖する日本ではまれな冬鳥で、イスカの群れの中に稀に混じるとされています。イスカとよく似ていますが、羽にはっきりした白い帯が2つあるのが特徴です。イスカはこれまでも羽幌町で冬鳥として11月12月に確認されていますが、ナキイスカは天売・焼尻島を含めて目撃はありませんでした。

目撃されたナキイスカはイスカの群れに交じっていたのではなく、見た5羽すべてがナキイスカだったそうです。
f0159390_1142139.jpg
『ナキイスカ オス (岩澤光子 撮影)』

f0159390_11424887.jpg
『ナキイスカ メス (岩澤光子 撮影)』


(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-17 11:52 | 【自然情報】羽幌

だれの巣箱でしょう

f0159390_13463071.jpg
高さ60cm、横45cm、奥行き42cmある巣箱
通常サイズより大きいのは大工さんの気持ち?

この大きな巣箱は、フクロウ用です。
羽幌町内で2年連続営巣していた木が、昨年4月に吹き荒れた春の嵐で倒れてしまいました。その代わりにと海鳥センターのボランティアの方が大工さんに依頼して、素敵な巣箱を作ってもらいました。フクロウの繁殖期は3月〜6月です。そろそろ巣箱を設置しなくてはいけないのですが、今年の大雪では森に入ることは容易ではありません。雪の締まり具合や天気が良い、「巣箱がけ日和」を今か今かと待ち望んでいます。
f0159390_1347584.jpg
海鳥センターにはフクロウ関連の本が揃っています

(Z)

■2月の休館日
7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)

■第10回 海鳥デザインコンテスト 作品募集!締切3/15(火)
■【採用情報】北海道海鳥センター嘱託職員募集 締切2/25(金)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-13 14:03 | コーヒーブレイク

キュートな鳥 エナガ

かわいらしいエナガの写真をいただきましたので、ご紹介します。
f0159390_9155923.jpg
チチチチュリリーとさえずる

f0159390_16551331.jpg
エナガ 体長14cm

【写真提供:山崎さん】
北海道で見られるエナガは亜種シマエナガです。本州の亜種に比べると体が白っぽく、黒い眉斑がないのが特徴です。(眉斑…目の上の模様。ヒトでいうと眉のあたり)

生息範囲は広く、北海道内各地の森林のほか平地などで一年中見ることができます。冬のこの時期は、木の葉に隠れることもなく絶好の観察チャンスです。

(z)

■2月の休館日
7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)

■海鳥デザインコンテスト募集中 締切3/15(火)
■【採用情報】北海道海鳥センター嘱託職員募集 締切2/25(金)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-11 17:23 | 【自然情報】羽幌

けあらし

今朝、羽幌港で発生した‘けあらし’の写真を、いつも自然情報を提供してくださる山崎さんからいただきました。けあらしとは、冷えた朝、海面から立ちのぼる水蒸気が陸上からの冷たい空気に触れて海上で発生する霧のことです。
f0159390_16123646.jpg
f0159390_16121925.jpg
湯気のようなものがけあらし

けあらしが発生するには条件がいくつかあります。
①晴れている。
②気温が-15℃前後、海水温と気温の温度差が15℃以上ある時に発生しやすい。
③風向・風速は東南東の風系が多く、発生前後の風速は3〜5m/s。

羽幌町の6時の気象は気温-12℃、風向は東〜東南東、風速2mでしたので、概ね発生条件が揃っていたようです。

(Z)

■2月の休館日
7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)
海鳥デザインコンテスト募集中
【採用情報】北海道海鳥センター嘱託職員募集
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-01 16:24 | 【自然情報】羽幌

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな