海鳥日記

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

冬の嵐がやってきました。

こんな時は家に閉じこもっていたいところですが、港に避難してくる海鳥や海鴨を見る絶好のチャンスです。

ヒメウが港の岸壁の狭い場所に並んで波風をしのいでいました。
f0159390_13345093.jpg
『岸壁に並んだヒメウ (苫前漁港)』

その上にカモメの群れも座っていました。嵐の時は普段より多くのカモメ類を見ることができます。ふだんあまり見かけないミツユビカモメの姿もありました。

港の中にはそのほか海鴨がよく浮いています。今の羽幌や苫前の港や川の河口で観察できるのはスズガモ、シノリガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カワアイサ、クロガモ、コオリガモです。
f0159390_13433875.jpg
『クロガモ 真ん中の嘴の上が黄色くないのはメス』

f0159390_13462488.jpg
『コオリガモ』



(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-11-29 13:53 | 【自然情報】羽幌

ビオトープの冬ごもり

先日、長い冬を前に羽幌ビオトープの水車小屋などが、葦簀(よしず)で覆われました。日本海の厳しい風雪から水車小屋を守るため、毎年欠かせない作業です。葦簀は昨年羽幌川周辺で収穫して、手づくりしたものです。
f0159390_1434031.jpg

この日は穏やかでしたが、さっそく今日は強い風と雪が吹き付けています。これから春までの間、ビオトープとビオトープでの活動は、しばし冬眠に入ります。

※これからの季節、道北の日本海沿いは吹雪など荒れた天候が多くなります。ご旅行の際は、車の運転など、お気をつけください。

( I )


■12月の休館日
6日(月)、13日(月)、20日(月)、24日(金)、27日(月)、31日(金)
※年末年始の休館は、12月31日(金)〜1月5日(水)です。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-11-28 14:13 | 自然空間はぼろ

e−水フォーラムに参加しました

22日に札幌で北海道e−水フォーラムが開催されました。
e−水プロジェクトとは、(財)北海道環境財団が北海道コカ・コーラボトリングから寄贈された寄付金で、道内の自然環境保護活動を支援する活動です。今年度は、自然空間はぼろ(羽幌ビオトープ)を含む7団体が北海道e−水プロジェクトの助成を受け、それぞれ活動の発表を行いました。


f0159390_13462116.jpg
羽幌ビオトープの発表

f0159390_13464625.jpg
ビオトープづくりは地元の漁協組合や学生らと協働で取り組んでいます。



他団体からは、湖沼の水質改善のためにヨシなどを移植したり、特定外来生物のウチダザリガニやオオハンゴンソウの駆除報告がありました。活動拠点は違えど、地道に自分たちの身近な環境に向き合っている他団体の発表は、今後も羽幌ビオトープの造成を進めるにあたって大きな励みになる報告内容でした。
f0159390_14283956.jpg


(z)
■参加者募集中!
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!
詳しくはこちらをご覧ください。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-11-24 14:37 | 自然空間はぼろ

新着本のご紹介

新しく、海鳥センターの図書コーナーに加わった本を4冊ご紹介します。
f0159390_17384871.jpg


・フクロウのすべてがわかる本 ジェマイマ・パリ・ジョーンズ 著
羽幌町にも生息しているフクロウ。生態から飼育についてまでを網羅した1冊です。

・BIRDER 12月号 〜特集 冬の赤い鳥大全
鳥一色の雑誌ですがマニアック?鳥好き以外のかたでも楽しいですよ。

・〈生物多様性〉入門 鷲谷いづみ 著
生物多様性という言葉は、先月名古屋で開かれた会議cop10でおなじみになったと思います。生物多様性の意義について知ることができます。

・生きものがきえる 〜もったいないばあさんと考えよう 世界のこと 真珠まりこ 著
この地球から絶滅して消えてしまうおそれがある、ジャイアントパンダやアフリカゾウをイラスト付きで紹介しています。

そのほか秋冬におすすめの本
f0159390_17413864.jpg

・ふゆめ がっしょうだん  冨成忠夫、茂木透 写真・長新太 文
・どんぐりノート ひろってうれしい 知ってたのしい  いわさゆうこ・大滝玲子 作
・ドングリと松ぼっくり  平野隆久 写真・片桐啓子 文

海鳥センターの図書コーナーは野鳥以外の児童書などもたくさん揃っています。
読書がぴったりのこの季節にどうぞ。
f0159390_17424626.jpg


(z)
■開館時間変更のお知らせ
 CO2削減のため、冬期間、平日の開館時間を次のとおり変更します。

 【開館時間】平日(火~金)  午前9時~午後4時(1時間短縮)
       土・日・祝日   午前9時〜午後5時(変更無)
 【期  間】平成22年11月2日(火)〜平成23年3月31日(木)
  ※月曜日、祝日の翌日、年末年始は休館です。

■11月の休館日
 11月の休館日は、次のとおりです。
 1日(月)、4日(木)、8日(月)、15日(月)、22日(月)、24日(水)、29日(月)
■参加者募集中!
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!
詳しくはこちらをご覧ください。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-11-20 17:50 | インフォメーション

オオワシ今冬初確認

羽幌町は今週初めにまとまった雪が降り、今も所々に残っています。
連日海鳥センター周辺では、木々を雪の重みから守る冬囲い作業が行われています。そして今日町内では初めて、冬鳥であるオオワシが確認されました。いよいよ冬の到来です。
f0159390_14164364.jpg
左・若い個体のオジロワシ 右・オオワシ成鳥

別の種が隣同士に並んでいて、おもしろいですね。 写真提供: 山崎さん

(z)

■開館時間変更のお知らせ
 CO2削減のため、冬期間、平日の開館時間を次のとおり変更します。

 【開館時間】平日(火~金)  午前9時~午後4時(1時間短縮)
       土・日・祝日   午前9時〜午後5時(変更無)
 【期  間】平成22年11月2日(火)〜平成23年3月31日(木)
  ※月曜日、祝日の翌日、年末年始は休館です。

■11月の休館日
 11月の休館日は、次のとおりです。
 1日(月)、4日(木)、8日(月)、15日(月)、22日(月)、24日(水)、29日(月)
■参加者募集中!
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!
詳しくはこちらをご覧ください。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-11-18 14:28 | 【自然情報】羽幌

海鳥を学ぼう

海鳥を学ぼう」という、学習プログラムがあります。これは、U.S. Fish and Wildlife Service(米国内務省 魚類野生生物局)により開発された教育カリキュラム「Learn About Seabirds」を、北海道海鳥センターに関わるボランティアが中心に翻訳と日本向けアレンジを進めた、海鳥や海洋環境について学ぶプログラムです。
f0159390_14464697.jpg

もともとは学校の先生向けに作られたもので、生徒に海鳥や海洋環境について教えるときに使うマニュアル(ティーチャーズガイド)です。全部で13のアクティビティ(活動)があり、遊びやゲーム形式、調査体験などをとおして、小学生から高校生までの子どもたちが、最終的に自然環境を守ることができるように指導することができます。
f0159390_1501971.jpg
(「ウミガラスの卵リレー」初山別村有明小学校、2009年)

海鳥センターでは、とくに学校団体などが来館した際や、学校へ出向いてのワークショップなどで活用しています。先日も羽幌高校1年生の総合学習や留萌市で開催された「母と女性教職員の集い」などで実施しています。楽しみながら、海鳥や海洋環境について学べるので、生徒たちの評価も上々です。
f0159390_1523936.jpg
(「おなかがすいた!」羽幌小学校5年生、2009年)


海鳥というとあまり身近でなく、どこか遠くの生き物のような存在ですが、海鳥から海の環境や森の環境、私たちのライフスタイルまで見ていくことができ、とくに海辺の環境教育に役立つ内容だと思います。
f0159390_154724.jpg
(「おなかがすいた!」羽幌高校1年生、2010年)


この「海鳥を学ぼう」を、12月4日〜5日に開催する「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」で学ぶことができます。プロジェクト・ワイルドとは、同じく米国で開発された野生生物をテーマとした環境教育プログラムです。プロジェクト・ワイルドの講習会は全国各地で実施されていますが、「海鳥を学ぼう」は他ではなかなか体験できないため、ちょっと欲張りな内容の講習会です。

とくに教員や社会教育関係者、子ども団体のリーダーやボランティアなどにお勧めしていますが、興味があればどなたでもご参加いただけますので、この機会にぜひご参加いただければと思います。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2010-11-10 15:31 | インフォメーション

羽幌高校1年生総合学習

先日の海鳥センター見学に続き総合学習の一環として、学校で講義とワークショップを行いました。

見学の復習を兼ねて、はじめに海鳥についてのクイズや天売島の海鳥紹介を行いました。その後、海鳥学習プログラム「海鳥を学ぼう」より「おなかがすいた!」を体験し、洋上でエサを食べる過程で、体内にプラスチックが取り込まれていくことを学びました。
f0159390_15411353.jpg
f0159390_154310100.jpg


「おなかがすいた!」を体験した後の講義では、海鳥から見えてくる環境問題について、私たちにできることを中心に話しました。

みなさん積極的に参加してくれて、とても楽しい時間となりました。どうもありがとうございました。


■生徒さんたちからいただいた感想を紹介します。
・小学生の頃わからなかったことも今回の総合で理解することができた。
・人間が海鳥の住みやすい環境を作って共存することが大切だと思った。
・人間が生き物の繋がりを壊してしまっているからこそ、人間の手で元に戻していかなければならない。
・今回の見学だけではわからないことがたくさんあると思うので、もっと調べたいと思った。
・よかれと思って(ウミネコに)お菓子をあげていたので悲しい気持ちになった。
・鳥たちの住みやすい町にしたい。
・自然について関心を高め、ゴミの排出について特に気をつけたい。
・海鳥の現状を知り、胸が痛んだ。
・海岸の掃除をしたり、プラスチックゴミをあまり出さないようにしたり、自分でできることをしようと思った。
・ネイチャーゲーム(「おなかがすいた!」のこと)は、ただのゲームだと思っていたが、とても勉強になったし、おもしろかった。
・環境が悪いと何もかもが悪くなると思った。良いことをしようと思った。
・オロロン鳥を守るために、カモメやカラスが来てもヒナを食べられないようにする。もしくは、ウ類のデコイを設置し、カモメなどがイヤな環境を作るのはどうだろう。
・二酸化炭素を削減できるように、こまめに電気を消したり、できることからやっていきたい。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2010-11-05 15:46 | 団体対応

北海道e-水フォーラムのご案内

今年度の羽幌のビオトープづくりは、「北海道e-水プロジェクト」から支援をいただいています。その関連事業として、札幌で「北海道e‐水フォーラム」が開かれます。羽幌のビオトープづくりについてもメンバーが活動発表をします。

基調講演は映画「釣りバカ日誌」でおなじみの、中本 賢さんです。ぜひ、お申し込みください。

※チラシのダウンロードは【こちら

------------------

【札幌】北海道e‐水フォーラム 北海道のきれいな水をまもり、地域を元気に!

 北海道の豊かで美しい自然は、水を中心に築かれたものです。この豊かな資源である水とその取り巻く自然を一体としてまもり、未来に引き継いでいくことはとても大切なことです。環境保全活動の輪を広げ、地域を元気にしていくために、私たちは何をすればいいのか。そのヒントをみつけてください。

[日時] 11月22日(月)18:00~21:00
[場所] 札幌国際ビル 国際ホール(札幌市中央区北4条西4丁目 国際ビル8階)
[内容] 
●基調講演
 偉大なる近所「川はオモシロイッ!」
  講師:中本 賢氏(俳優・神奈川県川崎市教育委員)
●活動団体発表
 羽幌みんなでつくる自然空間協議会、NPO法人ビオトープ・イタンキin室蘭、NPO法人ふらっと南幌、財団法人自然公園財団大沼支部、ざりがに探偵団、歴舟川の清流を守る会、美幌町郷土史研究会
[参加費] 無料
[定員] 120名 ※申込後、直接会場へお越しください。
[主催] 北海道、北海道コカ・コーラボトリング(株)、(財)北海道環境財団
[申込・問合せ先] 北海道環境サポートセンター
 札幌市中央区北4条西4丁目伊藤・加藤ビル4階
 電話:011-218-7881(月~金10:00~18:00)
 FAX:011-218-7882

●中本 賢氏(俳優・神奈川県川崎市教育委員)プロフィール
東京は浅草。下町生まれ。隅田川を見ながら育つ。
1976年コメディアングループ「ザ・ハンダース」結成に参加。1979年まで活動。
1980年独立俳優業へと進む。
1983年山田洋次監修TBS「幸せの黄色いハンカチ」(栗山富夫監督)で抜擢され好演。好評を得て翌年、松竹映画「いとしのラハイナ」で本編初主演の幸運を射止める。
1990年芸名をアパッチけんから中本賢(本名)に戻し、個性派俳優として幅広く活躍。松竹映画「釣りバカ日誌」は、大田八郎役で全作に出演。
1985年に、東京都西南部を流れる多摩川の近くに引越したのをきっかけに、息子(隆太郎君)と始めた川遊びの面白さにすっかりハマリ今日に至る。鮎の産卵を始め、多摩川の数々の自然観察報告は、テレビ、新聞といったメディアを通じて多くの人々に驚きをもたらし、流域住民の浄化活動へ発展するまでに及んだ。現在も次世代を担う子どもたちへ、自然のたくましさ、大切さを伝えている。俳優業のかたわらの地道な活動が、各方面に高く評価されている。
2008年7月「サラゴサ国際博覧会国際シンポジュウム」で基調講演を行い、10月には川崎市教育委員に就任。

※このフォーラムは、北海道、北海道コカ・コーラボトリング(株)、北海道環境財団の三者の協働事業「北海道e-水プロジェクト」の一環として実施するものです。


-----------------

開館時間変更のお知らせ
 CO2削減のため、冬期間、平日の開館時間を次のとおり変更します。

 【開館時間】平日(火~金)  午前9時~午後4時(1時間短縮)
       土・日・祝日   午前9時〜午後5時(変更無)
 【期  間】平成22年11月2日(火)〜平成23年3月31日(木)
  ※月曜日、祝日の翌日、年末年始は休館です。

11月の休館日
 11月の休館日は、次のとおりです。
 1日(月)、4日(木)、8日(月)、15日(月)、22日(月)、24日(水)、29日(月)

参加者募集中!
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!詳しくは【こちら】をご覧ください。
※行事案内チラシのダウンロードは【こちら】(PDF書類 2.1MB)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-11-03 11:14 | イベント・行事案内

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな