海鳥日記

<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

町民芸術祭の写真展

この一年間にジュニアレンジャーの子どもたちが撮影した写真の中で、とくに良かったものを数点、町民芸術祭の写真展に出展しました。結果、ジュニアレンジャーRさんのあくびをしているキツネの写真が、初心者の部入選に輝きました。
f0159390_1802577.jpg

残念ながら、他6名の作品は落選してしまいましたが、いずれも甲乙付けがたいすばらしい写真だと思います。写真展は11月2日まで開催されていますので、ぜひご覧ください。

子どもたちは、すでに来年の写真展を目指して写真を撮り始めています。今日は、ジュニアレンジャーHさんがたくさん飛んでいた雪虫を撮りました。夕日を受けてとてもきれいですね。
f0159390_1811936.jpg

ジュニアレンジャーのみなさん、これからもすてきな写真をたくさん撮ってください!!

( I )



開館時間変更のお知らせ
 CO2削減のため、冬期間、平日の開館時間を次のとおり変更します。

 【開館時間】平日(火~金)  午前9時~午後4時(1時間短縮)
       土・日・祝日   午前9時〜午後5時(変更無)
 【期  間】平成22年11月2日(火)〜平成23年3月31日(木)
  ※月曜日、祝日の翌日、年末年始は休館です。

11月の休館日
 11月の休館日は、次のとおりです。
 1日(月)、4日(木)、8日(月)、15日(月)、22日(月)、24日(水)、29日(月)

参加者募集中!
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!詳しくは【こちら】をご覧ください。
※行事案内チラシのダウンロードは【こちら】(PDF書類 2.1MB)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-31 18:04 | ジュニアレンジャー

留萌市で講演をしました

留萌市で開催された「留萌市・小平町 母と女性教職員の集い」で、海鳥と環境についての講演をしました。

はじめに天売島で繁殖している8種類の海鳥について説明した後、海鳥学習プログラム「海鳥を学ぼう」を行ったのですが、約150名もの方にお越しいただいたので、あらかじめ印を付けたイスに座った方9名にステージへ上がっていただき、実演していただきました。
f0159390_18173679.jpg


通常は20名から30名くらいで実施するものですが、このように一部の人にステージ上で実演してもらうのも面白いですね。今回は私にとっても、収穫の多い講演となりました。

参加されたみなさま、ありがとうございました。

( I )



開館時間変更のお知らせ
 CO2削減のため、冬期間、平日の開館時間を次のとおり変更します。

 【開館時間】平日(火~金)  午前9時~午後4時(1時間短縮)
       土・日・祝日   午前9時〜午後5時(変更無)
 【期  間】平成22年11月2日(火)〜平成23年3月31日(木)
  ※月曜日、祝日の翌日、年末年始は休館です。

11月の休館日
 11月の休館日は、次のとおりです。
 1日(月)、4日(木)、8日(月)、15日(月)、22日(月)、24日(水)、29日(月)

参加者募集中!
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!詳しくは【こちら】をご覧ください。
※行事案内チラシのダウンロードは【こちら】(PDF書類 2.1MB)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-30 18:22 | 行事報告

羽幌高校1年生の生徒さんが見学に来ました

昨日(10月28日)は、総合的な学習の時間で羽幌高校1年生の生徒さんたちが来館しました。羽幌高校1年生の生徒さんたちは、総合学習で「森・川・海を知る」をテーマに学習していて、5月にはビオトープで植樹なども行っています。
f0159390_154118100.jpg

今回は、館内の展示解説を行いました。ワークシート片手に、みなさん熱心にメモを取っていました。
f0159390_15413015.jpg

11月2日には学校におじゃまして、海鳥と環境の勉強会を行う予定です。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-29 15:43 | 団体対応

開館時間変更のお知らせ

開館時間変更のお知らせ
 CO2削減のため、冬期間、平日の開館時間を次のとおり変更します。

 【開館時間】平日(火~金)  午前9時~午後4時(1時間短縮)
       土・日・祝日   午前9時〜午後5時(変更無)
 【期  間】平成22年11月2日(火)〜平成23年3月31日(木)
  ※月曜日、祝日の翌日、年末年始は休館です。

ご来館は、ウォームビズで
 海鳥センターは、チャレンジ25のチャレンジャーとして、地球温暖化防止のためCO2の排出削減を進めています。その取り組みの一つとして、館内の暖房温度を低く設定しています。ご来館の際は、暖かい服装でお越しください。

11月の休館日
 11月の休館日は、次のとおりです。
 1日(月)、4日(木)、8日(月)、15日(月)、22日(月)、24日(水)、29日(月)

参加者募集中!
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!詳しくは【こちら】をご覧ください。
※行事案内チラシのダウンロードは【こちら】(PDF書類 2.1MB)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-29 09:54 | インフォメーション

ホイグリンカモメ

黒田弘章氏より嵐だった10月25日・26日に撮影したカモメの写真をいただきました。
f0159390_1152874.jpg
『セグロカモメ(右)とホイグリンカモメ(中央)(黒田弘章氏 撮影)』

見たところセグロカモメの様ですが足の色が少し黄色味がかかっています。
また今の時期は冬羽で夏羽とは異なり頭に灰色の斑があるのですが、白く見えます。
カモメに詳しい北海道大学大学院水産科学研究院の倉沢康大氏によるとホイグリンカモメ(Larus heuglini)の亜種taimyensisだそうです。
f0159390_11202465.jpg
『ホイグリンカモメ(右)Larus heuglini taimyensis(黒田弘章氏 撮影)』

f0159390_11255425.jpg
『ホイグリンカモメ(右)Larus heuglini taimyensis(黒田弘章氏 撮影)』

カモメの仲間はどの種もよく似ており鳥類の中で見分けるのが最も難しい部類に入ると言われています。とくにセグロカモメの仲間は分類がはっきりしていない部分があります。

鳥類図研にもあまり掲載されていないので珍しい種かと思いましたが、倉沢氏によると『セグロカモメの群れの中に混じっていることがあり特別珍しくない」とのことです。でも、羽幌町では初確認です。

(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-28 11:40 | 【自然情報】羽幌

ビオトープ見学会を行いました

海鳥日記で時おりお伝えしているビオトープづくりは、今年で7年目を迎えました。羽幌町のビオトープは8ヘクタール(100m×800m)という広大な土地を持っています。何もなかった原っぱに地域のみなさんの協力を得ながら、ビオトープ会員がこつこつと造成を進めてきました。


今日の見学会には、会員のほか町民のかたも参加してくださり、ビオトープの進捗状況を説明したあと、実際にビオトープ内をゆっくり見学してまわりました。
f0159390_174567.jpg


高さ5.2メートルある展望塔は、今日から一般開放しています。
f0159390_1742762.jpg


「ビオトープ」はドイツ語で、‘生きものの生息空間’という意味です。
地内に5つある池は、15種以上のトンボはじめさまざまな昆虫が生息、時には渡り鳥も休息地として利用しています。生きものたちにも羽幌町のビオトープは認知されつつあるようです。
f0159390_175153.jpg
キンクロハジロ

f0159390_17214887.jpg
アキアカネ

(写真提供 山崎さん)

羽幌みんなでつくる自然空間協議会は随時会員を募集しています。年会費はお一人500円です。豊かな自然環境を復元するビオトープづくりに、ぜひご一緒に参加しませんか?
(z)



■行事案内■
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!詳しくは【こちら】をご覧ください。
※行事案内チラシのダウンロードは【こちら】(PDF書類 2.1MB)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-24 17:30 | 自然空間はぼろ

クマタカ

10月14日に羽幌町でクマタカが目撃されました。
f0159390_1164131.jpg
『クマタカ(岩澤光子氏 撮影)』

クマタカは羽幌町ではこれまで目撃情報がなく、初記録となります。
クマタカは本州、九州、四国、北海道に分布し、「クマ」とつくように大型のタカの仲間で、山林で生息しているため人の目には触れにくい鳥です。

猛禽類医学研究所の斉藤慶輔氏によると、目撃されたクマタカは「昨年生まれの亜成鳥で、まだ親鳥のなわばりの中にいる可能性がある」とのこと。もしかしたら近くで繁殖しているかもしれません。

(H)



■行事案内■
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!詳しくは【こちら】をご覧ください。
※行事案内チラシのダウンロードは【こちら】(PDF書類 2.1MB)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-21 11:20 | 【自然情報】羽幌

生物多様性交流フェアにいってきました。

名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が先日18日から始まりました。COP10会場に隣接する公園内では、200以上の国内外の政府や自治体、国際機関、NGO/NPO、企業などのさまざまな出展者が、生物多様性に関するプロジェクトなどをブース展示している生物多様性交流フェアが開催されています。

今回、環境省ブース内の多目的スペースで、天売島のウミガラスなどの保全について紹介してきました。
f0159390_16333197.jpg

f0159390_16341391.jpg


最後には、5分程度天売島の海鳥の映像を流しました。ウミガラスのかわいい仕草やケイマフリの美しい鳴き声、ウトウの帰巣シーンなど好評でした。


今月29日までの期間中、多目的スペースでは、自然保護官による日本各地の自然紹介の他、生物多様性にちなんだ折り紙教室やカードゲームなどを日替わりで多数実施しています。
f0159390_16394715.jpg


また、この他環境省ブースでは生物多様性に関する様々な取り組みについて、海鳥などの鳴き声や剥製展示なども交え紹介しています。
f0159390_16403022.jpg

f0159390_16405175.jpg

f0159390_17154471.jpg


生物多様性オリジナルピンバッジがもらえるクイズラリーも実施していますので、是非会場にお越し頂き、生物多様性について楽しみながら理解を深めていただければと思います。

(W)



■行事案内■
12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者講習会として「プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会」を開催します。ただいま参加者募集中です!詳しくは【こちら】をご覧ください。
※行事案内チラシのダウンロードは【こちら】(PDF書類 2.1MB)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-19 16:51 | 行事報告

プロジェクト・ワイルド講習会を開催します

12月4日(土)〜5日(日)、環境教育の指導者養成講習会として、プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会を開催します。ぜひご参加ください。

■行事案内のダウンロード→【こちら】(PDF書類、2.1MB)




=============================
プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会 in 羽幌
=============================


プロジェクト・ワイルドは「自然や環境のために行動できる人」を育成することに取り組んだ野生生物を題材にした環境教育プログラムです。

本講習会では、プロジェクト・ワイルドの様々な活動を体験し、理念やその指導方法、アレンジ方法を2日間の講座で学びます。さらに、海鳥や海洋環境がテーマのプログラム「海鳥を学ぼう」も盛り込み、海辺の環境教育にも役立つ欲張りな内容です!

講習会修了者は、(財)公園緑地管理財団公認エデュケーターとして認定されます。


[日  時]
 平成22年12月4日(土)10:00 ~17:00
         5日(日) 9:00~16:00(2日間連続)

[場  所]
 北海道海鳥センター

[講  師]
 太田 稔 氏(環境共育事務所うてきあに代表・プロジェクト・ワイルドファシリテーター)

[予定内容] 
 ・「プロジェクト・ワイルド」の活動体験と指導実践
 ・「海鳥を学ぼう」の活動体験と指導実践
 ・環境教育、体験学習法についての小講義
 ・海鳥と海洋環境についての小講義
 ・活動づくりのためのグループワーク など

[対  象]  
 環境教育や体験学習に興味がある方なら、どなたでも! ただし2日間とも参加できる方に限ります。

[定  員]
 24名

[参 加 費 ]
 ・一般受講者 4,000円(テキスト代)
 ・再受講者  無料

[申込方法] 
11月25日までに電話、FAX、Eメールで、北海道海鳥センターまでお申し込み下さい。FAX、Eメールでお申し込みの場合、氏名、連絡先(郵便番号・住所・電話)、年齢、参加動機、初受講・再受講の区分をご記入ください。

※再受講の方は、以前受けたことがある内容(受講時期・受講場所・講師の氏名)をご記入ください。

[申込、問い合わせ先]
  北海道海鳥センター
  〒078-4116 北海道苫前郡羽幌町北6条1丁目
  電話:0164-69-2080  FAX:0164-69-2090
  Eメール:seabird(アットマーク)town.haboro.lg.jp

■講師紹介
f0159390_18534570.jpg太田 稔(おおた みのる)

網走市生まれ。純道産子指導者として北海道全域を活動フィールドとし「自然」「人」「心」を中心とした環境教育事業を進め、プロジェクトワイルド、プロジェクトWET、プロジェクトラーニングツリーなどを活用した環境教育指導者の養成に力を注いでいます。企業、行政、市民団体とクライアントも様々。得意分野は自然体験型環境教育、コミュニケーションワーク、ネイチャーカウンセリング。






■「プロジェクト・ワイルド」についての詳細は、【こちら】をご覧ください。
■「海鳥を学ぼう」の詳細は、【こちら】をご覧ください。
※「海鳥を学ぼう」についての説明を掲載しました。【こちら】をご覧ください。(追記 2010.11.11)

f0159390_1858617.jpg
(平成16年度開催の「プロジェクト・ワイルド」エデュケーター養成講習会から)


( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-15 19:10 | イベント・行事案内

外来種の駆除を行いました

11日にビオトープメンバー18名が集まり、ツチガエルとニセアカシアの駆除を行いました。

ツチガエルは、もともと北海道には生息しておらず、本州からコイを導入した際にまぎれて持ち込まれたと思われる、国内移入種です。ツチガエルはオタマジャクシ(幼体)のまま越冬もするので、秋でもビオトープにはカエルとオタマジャクシが生息しています。1時間でオタマジャクシ361匹、カエル28匹を捕獲しました。
f0159390_14371223.jpg
ツチガエルに責任はないのですが…

f0159390_1438313.jpg

f0159390_14374815.jpg

ニセアカシアは、ビオトープ内に部分的に繁茂しています。10cmの幼木から1m以上に成長したものを、鎌やスコップで根から掘り起こしました。
f0159390_144149.jpg

f0159390_14403942.jpg

f0159390_14401778.jpg
ニセアカシア・幼木でも根は強い

今回駆除できたのは一部に過ぎません。帰り際にもたくさんのツチガエルを目にしました。一度増えたものを駆除するのは、一筋縄ではいかないことを実感しました。ビオトープは、羽幌本来の自然環境を復元させるためにつくっています。今後も地道な活動を続けていこうと思います。(z)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-10-13 15:53 | 自然空間はぼろ

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな