海鳥日記

<   2010年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

図鑑「北海道の野鳥」

北海道地域の野鳥図鑑の定番である「北海道の野鳥」(北海道新聞社)が9月に増刷されることになり(第3刷)、新たに8種類の野鳥が追加されて掲載種が359種となります。
f0159390_19133077.jpg


今回の増刷で、私も1枚だけですが、羽幌で撮影した追加掲載種シロハラクイナの写真を提供させていただきました。9月以降、順次店頭に並ぶと思います。北海道地域の野鳥図鑑をお探しの方は、ぜひどうぞ。

【関連記事】「シロハラクイナ現る!」(2009.05.12)

( I )


■9月のイベント■
 森の写真家 小寺卓矢さんの写真展とスライド上映講演会を開催します。
 ・写真展 平成22年9月18日(土)~9月26日(日)
 ・スライド上映講演会  平成22年9月24日(金)午後6:30~午後8:00
 詳しくは【こちら】をご覧ください。

■9月の休館日■
 6日(月)、13日(月)、21日(火)、27日(月)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-31 19:25 | インフォメーション

福寿川の水質調べ

今日はジュニアレンジャーのミッション(研修会)で、海鳥センターの裏を流れる福寿川の水質調べをしました。
f0159390_18134172.jpg


福寿川は生活雑排水の流れ込む川で、以前は夏場に悪臭などが出ていましたが、数年前から町内の環境グループ「羽幌環境会議」がカキ殻を沈める活動などを行っていて、最近は悪臭が出ることもなくなりました。

また、ビオトープ(自然空間はぼろ)の下流にあたるため、ビオトープの木々の生長とともに水質の改善も進むと考えています。
f0159390_18141879.jpg

ジュニアレンジャーでは、そんな自然環境の変化を調べるために、毎年福寿川の水質調べを行っているのです。

ただ、今日は暑すぎました。午後はビオトープで生きもの調べをする予定でしたが、まだ木陰を作るほど木々が生長していないビオトープでの活動をあきらめ、海で水遊びをすることに。
f0159390_18144883.jpg

小さなエビや魚を発見し、最後の夏を楽しむことができました。


【関連記事】「カキ殻を沈めました」(2009.07.05)

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-28 18:22 | ジュニアレンジャー

小寺卓矢さんの写真展とスライド上映講演会を開催します

北海道を拠点に、「森のいのち」を撮り続ける写真家 小寺 卓矢さんの写真展とスライド上映講演会を開催します。森とそこに暮らす生きものたちを温かい眼差しでとらえた写真の数々を、ぜひご覧ください。

-------------


小寺卓矢 写真展&スライド上映講演会

『写真家が見つめた“森のいのち”』

f0159390_19383986.jpg


■写真展
期 間:平成22年9月18日(土)~26日(日)
    ※開館時間は午前9時~午後5時、9月21日(火)は休館日
場 所:北海道海鳥センター展示室


■スライド上映講演会
日 時:平成22年9月24日(金)午後6時30分~8時00分
場 所:北海道海鳥センター映像ホール
対 象:どなたでもご参加いただけます。小学生以下は保護者同伴。
申 込:不要。直接会場にお越しください。
参加費:無料



f0159390_19233249.jpg
小寺卓矢(こでらたくや)/写真家

1971年生まれ。神奈川県出身。北海道十勝管内芽室町在住。 「森に息づくいのちの繋がり」をテーマに北海道や本州の森林風景を撮影している。
これまで、雑誌でのフォトエッセイ連載などを手掛けるかたわら日本各地で個展を開催するなど多方面で活躍。 特に学童を対象にしたスライド上映講演会やワークショップを毎年数多く行い、森の素晴らしさを広く伝えている。 主な著作に『森のいのち』(アリス館)、『だって春だもん』(アリス館)。

■小寺卓矢さんのホームページは【こちら
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-21 19:41 | イベント・行事案内

今年のウミガラス繁殖

今年のウミガラスの繁殖状況をお知らせします。

5月19日に赤岩対崖の繁殖地で16羽を確認しました。

5月31日にハシブトガラスの飛来により10羽のウミガラスが一斉に繁殖地から飛び出し、卵が1つ捕食されました。皮肉なことにいつもより早く抱卵が始まっていたことを知りました。新たに設置したデコイと昨年よりも早めに設置した音声装置による効果かもしれません。
f0159390_1791137.jpg
『ウミガラスの卵をくわえて飛び去るハシブトガラス(5月31日)』


その後、ハシブトガラスの飛来は度々確認されましたが、どうにか卵を守っていたようです。
ところが、7月7日に繁殖地へ調査へ行くと繁殖地の前でオオセグロカモメがウミガラスの卵の殻をくわえていました。調査開始前にオオセグロカモメがウミガラスの卵を食べてしまったようです。この日オオセグロカモメは頻繁に繁殖地に姿を現しました。
f0159390_17214412.jpg
『ウミガラスの卵の殻をくわえるオオセグロカモメ(7月7日)』


でも、この日に餌運びを初確認しました。餌を運んでくることは雛が孵化した証拠です。昨年の餌運びの初確認は7月21日でしたので、それよりも早くなりました。
f0159390_17243911.jpg
『魚を口にくわえて運ぶウミガラス(左の羽を広げた個体)7月7日』


7月11日に繁殖地へ行くといつもと様子が違います。雛が生まれ頻繁に親鳥の出入りが見られるこの時期に繁殖地の中にウミガラスが見えません。しばらくすると、海上にウミガラスが集まりだしました。昨年の8月5日に繁殖地から突然にいなくなったことを思いだしながら眺めていると、驚いたことに繁殖地にウミガラスが集まり最大18羽になりました。
f0159390_17294225.jpg
『14羽のウミガラス 7月11日』


でも、数が多すぎます。今は繁殖中のため、奥の見えない部分で卵を暖めていたり、雛の世話をする個体がいるはずです。すると、夕暮れ前に繁殖地にいたウミガラスは飛び立ち、繁殖地はひっそりとしてしまいました。

その後も観察を続けましたが、15日を最後に繁殖地内での飛来は確認されなくなり、24日を最後に周辺の海上でも姿が見られなくなりました。


今年も天売島のウミガラスは繁殖を失敗したようです。赤岩対崖の繁殖地で飛来数は増えたので来年の繁殖成功を期待します。

(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-17 18:00 | ウミガラス保護増殖事業

‘セイヨウオオマルハナバチ’聞いたことがありますか?

海鳥センターのビオトープスペースに新しい展示物が加わりました。長い種名を持つセイヨウオオマルハナバチは、環境省が特定外来生物に指定している外来種です。羽幌でもここ数年で数が増え続けており、ビオトープや海鳥センターの隣のバラ園などでもよく見かけるようになりました。ヨーロッパ原産のセイヨウオオマルハナバチがなぜ羽幌町に生息し、外来種の何が問題なのか、興味がある方はぜひご覧ください。(z)
f0159390_15465420.jpg




■夏休み中は月曜日も特別開館!■
北海道の小中学校の夏休み期間中にあたる7月21日〜8月22日までの間は、休館せずに毎日開館しております。開館時間は午前9時から午後5時です。この機会にぜひご利用ください。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-15 15:50 | 展示紹介

天売島の道道 通行止解除

昨日の大雨により通行止となっていた天売島の道道は、通行止が解除されました。ただし、不安定な天候が続いているため、降雨により通行止となることも考えられます。最新情報は北海道開発局のホームページでご確認ください。


また、お問い合わせは以下にお願いします。  
・留萌建設管理部羽幌出張所 TEL.0164-62-1256
・羽幌町商工観光課観光振興係 TEL.0164-62-1211(内線361)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-15 09:22 | インフォメーション

あざらしおはなし会

8月12日に、海鳥センターでは2回目となる「あざらしおはなし会」が開かれました。今回は、パネルシアターや絵本の読み聞かせ、ロケットのおもちゃづくりなど盛りだくさんの内容で、参加した子どもたちは、みんな楽しそうにしていました。
f0159390_13434612.jpg

「あざらしおはなし会」は、普段は公民館で開かれています。こちらもぜひ、ご参加ください。また海鳥センターで開催されるときには、このブログでご案内します。

【関連記事】あざらしおはなし会が開かれました(2010.07.31)

( I )


■夏休み中は月曜日も特別開館!■
北海道の小中学校の夏休み期間中にあたる7月21日〜8月22日までの間は、休館せずに毎日開館しております。開館時間は午前9時から午後5時です。この機会にぜひご利用ください。

【8月の休館日】23日(月)、30日(月)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-14 13:46 | 行事報告

天売島の道道 通行止情報

留萌地方は今朝から大雨となり、先日通行止が解除されたばかりの天売島の道道が、法面決壊のおそれがあるとして再び通行止となっています。天売島を旅行される方は、ご注意ください。
f0159390_12354618.jpg

-----------

路線名:道道548号 天売島線
方向:上下
規制開始地点:羽幌町大字天売字相影52
規制終了地点:羽幌町大字天売字弁天44
規制延長:6.5 km
規制内容:通行止
規制原因:法面決壊の恐れ
規制開始日時:2010年08月14日 08:30
規制終了予定日時:--年--月--日 --:--
規制実施状況:実施中

------------


最新情報など、詳しくは北海道開発局のホームページでご確認ください。

また、お問い合わせは以下にお願いします。  
・留萌建設管理部羽幌出張所 TEL.0164-62-1256
・羽幌町商工観光課観光振興係 TEL.0164-62-1211(内線361)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-14 10:50 | インフォメーション

天売島の道道 通行止解除

7月末の大雨により通行止めとなっていた天売島の道道ですが、本日(8月12日)通行止が解除されました。これにより、通常どおり島内を一周できるようになりました。

ただし、赤岩展望台は階段部分に亀裂があり、立ち入り禁止となっています。海鳥観察舎と観音岬展望台は、通常どおり観察できます。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-12 13:34 | インフォメーション

天売島の道道が通行止になりました

一部を除いて規制解除となっていた天売島の道道が、規制区間の変更により再び通行止となりました。解除は8月12日午前9時の予定です。天売島を旅行される方はご注意願います。
f0159390_12354618.jpg

----------
通行止(道道)情報

路線名:道道548号 天売島線
方向:上下
規制開始地点:羽幌町大字天売字相影52
規制終了地点:羽幌町大字天売字弁天44
規制延長:6.5 km
規制内容:通行止
規制原因:道路損壊のため
規制開始日時:2010年07月29日 09:30
規制終了予定日時:2010年08月12日 09:00
規制実施状況:実施中
備考:5.5km解除から6.5km通行止め に変更。

---------

最新情報など、詳しくは北海道開発局のホームページでご確認ください。

また、お問い合わせは以下にお願いします。  
・留萌建設管理部羽幌出張所 TEL.0164-62-1256
・羽幌町商工観光課観光振興係 TEL.0164-62-1211(内線361)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-08-11 12:38 | インフォメーション

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな