海鳥日記

<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

アライグマを捕獲しました

町内でアライグマが見つかりました。積雪時に道路と路肩の境目を示す矢印がついた柱(視線誘導標柱)にしがみついていました。形や色がタヌキに似ていますが、尻尾が長くて縞模様があるのが特徴です。
f0159390_119518.jpg

アライグマは、ペットとして飼われていたものなどが野生化し、道内各地に分布を急速に広げています。雑食性で繁殖力が強く、他の生物など生態系への影響が大きいことから、現在は外来生物法により特定外来生物に指定されています。町内では、これまで数件の目撃情報がありましたが、生きた個体が捕獲されたのは初めてです。
f0159390_11102313.jpg

標柱の下でネットを広げ、その上にアライグマを落として捕獲しました。心が痛みますが、外来生物法に基づき、できるだけ苦痛を与えない方法で処分されます。

( I )


3月の休館日
1日(月)、8日(月)、15日(月)、23日(火)、29日(月)

はぼろ学講座『オロロン鳥のはなし』
「オロロン鳥ってどんな鳥?」という疑問から最近の天売島へオロロン鳥を呼び戻すとりくみまで写真と動画を交えてわかりやすく説明します。3月4日 19:00〜 詳しくは【こちら

傷病鳥獣リハビリテーター講習会
鳥獣の初期救護やリハビリの方法を学びます。ただいま参加者募集中です。3月6日開催。詳しくは【こちら

海鳥デザインコンテスト
まだまだ作品募集中です! 3月12日(必着)まで。詳しくは【こちら
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-28 11:34 | 【自然情報】羽幌

ボランティア実践者交流会

2月24日に、羽幌町ボランティア連絡協議会主催の「ボランティア実践者交流会」が町中央公民館で開催され、渡邊自然保護官が講演をしました。
f0159390_953669.jpg

前任地である沖縄の自然とさまざまな生物を紹介し、絶滅が心配されるヤンバルクイやサンゴの白化現象など、進む環境破壊の現状をスライドで紹介しました。
f0159390_9534798.jpg

ラムサール条約の登録湿地である漫湖の自然再生事業では、計画づくりから市民ボランティアと協力して、さまざまな取り組みを行っているそうです。

そして、羽幌を見ると、「羽幌町の環境を守る基本計画」がすでに出来ていて、ボランティアの手により「自然空間はぼろ」(羽幌ビオトープ)づくりという自然再生事業が進められているなど、とても面白い取り組みがあると評価していました。

参加されたみなさんは、遠く離れた南国の自然を興味深そうに聞き入っていたようでしたが、同時に羽幌とのつながりも感じてくれたのではないでしょうか。

( I )



はぼろ学講座『オロロン鳥のはなし』
 「オロロン鳥ってどんな鳥?」という疑問から最近の天売島へオロロン鳥を呼び戻すとりくみまで写真と動画を交えてわかりやすく説明します。3月4日 19:00〜 詳しくは【こちら

傷病鳥獣リハビリテーター講習会
 鳥獣の初期救護やリハビリの方法を学びます。ただいま参加者募集中です。3月6日開催。詳しくは【こちら

海鳥デザインコンテスト
 まだまだ作品募集中です! 3月12日(必着)まで。詳しくは【こちら
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-27 10:12 | 行事報告

傷病鳥獣リハビリテーター講習会を開催します

北海道留萌支庁との共催で傷病鳥獣リハビリテーター講習会を開催します。
f0159390_1016591.jpg

ウトナイ湖野生鳥獣保護センターの山田智子獣医師を講師に、鳥獣の初期救護やリハビリの方法を学びます。みなさんのご参加をお待ちしております。

【日時】 平成22年3月6日(土) 午前10:00~午後2:30
【場所】 北海道海鳥センター映像ホール
【内容】 留萌管内の傷病鳥獣の現状と傾向についての講義や救護実習を行います。
【対象】 どなたでもご参加いただけます(小学生は保護者同伴)。
【定員】 20名(申込多数の場合は抽選)
【持ち物】 動きやすい服装、昼食(近くに食堂もあります)
【参加費】 無料
【申込み】 電話・FAXにより、住所・氏名・年齢(小学生の場合は学年)・電話番号を3月2日(火)までにお知らせください。
(申込先) 
留萌支庁地域振興部環境生活課自然環境係
TEL. 0164-42-8436 FAX. 0164-42-1650
 
【お問い合わせ】
北海道海鳥センター
〒078-4116 北海道苫前郡羽幌町北6条1丁目
TEL. 0164-69-2080 FAX. 0164-69-2090
メール seabird(アットマーク)town.haboro.lg.jp
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-26 10:20 | イベント・行事案内

のんびり自然観察会−ワシを探しに行こう!

f0159390_15445548.jpg
毎月月替わりのメニューで行われる【のんびり自然観察会】。
今回は、どれくらいのワシが羽幌町の周りに渡ってきているのか調べに行きました。

これは、絶滅が危惧されているオオワシ・オジロワシを対象に、日本への飛来状況などを把握するため毎年行われているもので、日時を決めて各地で一斉に調査を行います。
f0159390_1545912.jpg
観察会チームの担当は、羽幌から遠別までの区間約30km。車で移動しながら、ワシのいそうな所を探して回りました。
f0159390_15452025.jpg
きれいなオジロワシの成鳥に見ほれたり、雪をこぎながら双眼鏡を覗いたりすること2時間半。
結果は、オジロワシ7羽、オオワシ1羽の計8羽を見つけることができました。ちなみに、去年は同じ区間で6羽が観測されています。
参加されたみなさま、お疲れさまでした。また来年、一緒にワシを探しに行きましょう。

【写真提供】山崎さん
※調査に興味のある方は、知床博物館までお問い合わせください。

(S)

第9回 海鳥デザインコンテスト 作品募集中!
 今年も開催しています。昨年までは「海鳥切手」のデザイン募集でしたが、今回から募集内容が変わりました。詳しくは【こちら】をご覧ください。
また、デザインの参考に、【こちら】の記事もご覧ください。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-25 15:52 | 行事報告

冬の森を歩きました

昨日(2月20日)は、ジュニアレンジャーのミッション(研修会)で森の自然観察に行ってきました。
f0159390_10274991.jpg
深い雪の中を歩くには、スノーシューやかんじきが必要です。スノーシューは比較的簡単に装着できますが、かんじきはコツが必要です。みんな苦労しながら履いていました。
f0159390_1029479.jpg
林の縁では、キタキツネやエゾユキウサギ、エゾクロテンの足跡や、ネズミ類が歩いた後に出来た雪のトンネルなどが見つかりました。

f0159390_10303194.jpg
林の中ではゴジュウカラ、ヒガラ、ミヤマカケスなどの鳥たちが賑やかに鳴きながら樹上を飛び回っていました。

f0159390_10353039.jpg
途中の広い雪原では寝っ転がったり、谷に飛び降りたりして遊びました。雪原に寝っ転がると気持ちいいのですが、油断するとみんなに雪をかけられて、埋められてしまいます。
f0159390_1036129.jpg


f0159390_10364788.jpg
植林地ではいたずら好きのレンジャーが木の幹を揺らして樹上の雪を落とし、被害者が続出。とても楽しい一日を過ごしました。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-21 10:38 | ジュニアレンジャー

はぼろ学講座のご案内

3月4日午後7時より海鳥センターで『はぼろ学講座 オロロン鳥のはなし』を行います。
f0159390_11352975.jpg

「オロロン鳥ってどんな鳥?」という疑問から最近の天売島へオロロン鳥を呼び戻すとりくみまで写真を動画を交えてわかりやすく説明します。

ぜひ、ご参加ください。

(H)



あなたはどれだけ「はぼろ」の事を知っていますか。町民でつくる実行委員会が企画し、羽幌の成り立ち、自然・動植物、生活・文化を学びます。受講料は無料でどなたでも参加いただけます。

日時: 3月4日(木) 午後7:00
会場: 北海道海鳥センター
講師: 渡邊 雄児(環境省羽幌自然保護官事務所)

※申込はいりません。直接会場へお越しください。

お問い合わせ: はぼろ学講座実行委員会 62-2365(菊池)
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-19 11:39 | イベント・行事案内

一眼レフカメラで動画撮影


こちらの動画、撮影はデジタル一眼レフカメラを使って行われています。
羽根一枚に至るまですっきり映し出されたオジロワシと対照的に、背景の氷塊やカラスのきれいにボケた感じは、私が普段使っている家庭用ビデオカメラではなかなか出せません。

動画を撮影されたしょさんべつ天文台の黒田さんに、撮影時のお話しを聞いてみました。
「基本的に撮影中のフォーカスは手動で合わせなくてはなりませんが、これは何回か撮っていく内に、段々とコツもつかめると思います。動画を撮るときにやはり気を使うのは、画像のブレで、私はレンズを車の窓ガラスで支えるなどしています。カメラを使った動画撮影は、最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れると面白いですよ」
f0159390_15171615.jpg

以前は、動画を撮りたいのであればビデオカメラ、写真(静止画)を撮るのであればカメラと、目的によって使える機材も自ずと決まっていましたが、最近では動画撮影できるカメラも増えてきています。
お持ちの方は、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(S)


第9回 海鳥デザインコンテスト 作品募集中!
 今年も開催しています。昨年までは「海鳥切手」のデザイン募集でしたが、今回から募集内容が変わりました。詳しくは【こちら】をご覧ください。
また、デザインの参考に、【こちら】の記事もご覧ください。

北海道海鳥センター臨時職員 募集
 北海道海鳥センターでは、ただいま平成22年度の臨時職員を募集しています。海鳥と海洋環境を守り、人と自然をつなぐ仕事です。詳しくは【こちら】をご覧ください。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-17 15:32 | コーヒーブレイク

軍手のぬいぐるみ

町内で子どもたちに絵本の読み聞かせをしている「あざらしおはなし会」の方がつくったぬいぐるみです。羽幌の動物たちで、左からエゾリス、シマリス、アザラシです。写真では分かりませんが、シマリスは背中にちゃんと模様があるんです。
f0159390_14443283.jpg

ぜんぶ軍手で出来ています。温かみがあって、とっても可愛いらしいですね。子どもたちにも大人気です。

作った本人いわく、「まだ試作段階」なんだそうです。これからいろいろな生き物を作っていただき、海鳥センターに展示させていただきたいと思っています。

( I )


第9回 海鳥デザインコンテスト 作品募集中!
 今年も開催しています。昨年までは「海鳥切手」のデザイン募集でしたが、今回から募集内容が変わりました。詳しくは【こちら】をご覧ください。
また、デザインの参考に、【こちら】の記事もご覧ください。

北海道海鳥センター臨時職員 募集
 北海道海鳥センターでは、ただいま平成22年度の臨時職員を募集しています。海鳥と海洋環境を守り、人と自然をつなぐ仕事です。詳しくは【こちら】をご覧ください。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-14 14:47 | コーヒーブレイク

雪囲いをしました

今日は、窓の雪囲いをしまた。ここ数日、吹雪と暖気が交互にやってきていて、屋根から落ちてきた雪が窓のあたりまでたまってきたからです。
f0159390_152828.jpg

普通、雪囲いは雪が降る前にするものですが、横着をしていたわけではありません。雪囲いをすると、どうしても事務室が暗くなってしまいます。また、窓が高い位置にあって、雪が降る前だと脚立を使う大変な作業になってしまいます。そこで、ある程度雪が積もってから雪囲いをするようにしているのです(やっぱり横着ですね)。

( I )


第9回 海鳥デザインコンテスト 作品募集中!
 今年も開催しています。昨年までは「海鳥切手」のデザイン募集でしたが、今回から募集内容が変わりました。詳しくは【こちら】をご覧ください。
また、デザインの参考に、【こちら】の記事もご覧ください。

北海道海鳥センター臨時職員 募集
 北海道海鳥センターでは、ただいま平成22年度の臨時職員を募集しています。海鳥と海洋環境を守り、人と自然をつなぐ仕事です。詳しくは【こちら】をご覧ください。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-13 15:31 | インフォメーション

冬のケイマフリ

しょさんべつ天文台の黒田さんから、稚内港にいたケイマフリの映像をいただきましたのでご紹介します。


大きな魚を捕まえたものの、とまどっている様子が見られるのは、動画ならではですね。

冬にケイマフリと港で出会うと、パッと見、夏の繁殖期に比べてずいぶん白っぽく、別の鳥の様な印象を受けます。でも、よく見てみると、目元の白い部分や赤みを帯びた足など、ちゃんと面影が残っています。
ちょうど今時期の海が荒れた翌日など、港内にひょっこり姿を見せることもありますので、ぜひ探してみてください。

(S)

第9回 海鳥デザインコンテスト 作品募集中!
 今年も開催しています。昨年までは「海鳥切手」のデザイン募集でしたが、今回から募集内容が変わりました。詳しくは【こちら】をご覧ください。
また、デザインの参考に、【こちら】の記事もご覧ください。

北海道海鳥センター臨時職員 募集
 北海道海鳥センターでは、ただいま平成22年度の臨時職員を募集しています。海鳥と海洋環境を守り、人と自然をつなぐ仕事です。詳しくは【こちら】をご覧ください。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-02-10 14:59 | 【自然情報】オロロンライン

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな