海鳥日記

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

子どもたちの作品が受賞しました

羽幌町中央公民館で、町民芸術祭が開催されています。この芸術祭の写真展に、ジュニアレンジャーの子どもたちが撮った写真の中で、特にすばらしかった3人の作品を応募しました。

結果、見事に3人とも受賞しました!
f0159390_13321432.jpg
f0159390_13335533.jpg


芸術祭は11月2日までの開催です。ほかの方の作品も、力作ぞろいです。ぜひご覧いただければと思います。

ジュニアレンジャーY・S・Hさん、受賞おめでとう!これからも素敵な写真を撮ってほしいと思っています。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-31 13:36 | ジュニアレンジャー

暑寒別岳

週末に暑寒別岳に行ってきました。

紅葉も終わり冬がすぐそこまで来ている今日このごろ。
近頃は天気が悪いですが、週末はよく晴れました。今年最後の夏山登山を!と暑寒別岳の登山口へ車を走らせました・・・。
暑寒荘の登山口に車の姿はなく、小さな橋には雪かと思うくらいの真っ白い霜が降りていました。
見上げると山の木々はすでに葉を落としていて、山頂には白い雪が見えます。誰も登っていないようで不安でしたが、とりあえず行けるところまでいってみることにしました。
f0159390_1933231.jpg
退屈なネマガリタケの林の間を抜けて行くと、時々シマリスやウソ、キクイタダキなどが姿を現し、疲れを癒してくれます。かなり登ったところで、目の前が開け右手に西暑寒岳が見えてきました。西側の斜面にはうっすらと雪が積もっています。
f0159390_19435111.jpg
『西暑寒岳』
途中から足下には雪が見え始めました。山頂付近では5cmほど積もっていて、久しぶりに雪の感触を確かめました。山頂からは留萌の町や、雨竜沼湿原、はるか遠くに雪化粧した大切山系が見えました。
f0159390_19461748.jpg
『留萌の町を望む』
予想していたよりも雪は少なかったですが、今年は暖かいのでしょうか?
この雪も間もなく里に降りてくるでしょう。

(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-29 20:14 | 【自然情報】オロロンライン

羽幌高校1年生の生徒さんが来館しまた

昨日と今日(10月27日、28日)は、総合的な学習の時間で羽幌高校1年生の生徒さんたちが来館しました。羽幌高校の生徒さんたちは、この他にも羽幌ビオトープへの植樹や福寿川の水質調査などを行っていて、海鳥センターはこれに協力しています。
f0159390_16344047.jpg
今回は、館内の展示解説とビデオ上映を行いましたが、ワークシート片手に、みなさん熱心にメモを取っていました。
f0159390_1637382.jpg

羽幌高校のみなさま、ご来館ありがとうございました。また、ぜひご利用ください。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-28 16:42 | 団体対応

プロジェクトWET講習会を開催しました

10月24日から25日、プロジェクトWETエデュケーター養成講習会を開催しました。プロジェクトWETとは、水をテーマとした環境教育プログラムです。環境共育事務所うてきあにの太田さんをメイン講師に、指導方法やアレンジ方法を学びました。
f0159390_12564582.jpg

まずは、プロジェクトWETのアクティビティ(活動)体験です。屋外で体を動かして、水質の変化と生息する生物の変化を体験する活動や、室内で開発による保水力の変化をメッシュ地図から計算する活動など、さまざまな活動を体験しました。
f0159390_10261151.jpg


2日目は、指導実践を行いました。グループごとに活動を選び、アレンジと指導を実践します。それぞれのグループが、伝えたいメッセージをどのようにして伝えるのか、工夫を凝らした面白い活動ができあがりました。
f0159390_10513680.jpg

参加されたみなさま、ありがとうございました。今後、プロジェクトWETをそれぞれの地域でぜひ活用してください。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-27 11:04 | 行事報告

ゆきむし

f0159390_17373063.jpg
「子供たちはそれがどこからやって来るか知らなかったが、夕方になると、それがどこからともなく現れてくることを、さして不審にも思っていなかった。夕方が来るからしろばんばが出てくるのか、しろばんばが現れてくるので夕方になるのか、そうしたことははっきりとしていなかった。
しろばんばは、真っ白というより、ごく微かだが青味を帯んでいた。
そして明るいうちは、ただ白く見えたが、夕闇が深くなるにつれて、それは青味を帯んで来るように思えた。」

刈り取りが終わった田んぼのあぜで、雪虫の群れがきらきらと飛び回っています。
子どもの頃、気持ちよく自転車を走らせていると、口の中に入って「げっ」となったり。
服をまだら模様にして帰って、母に叱られたり。
雪虫には、あまり良い想い出はないはずなのに、不思議と悪い印象がありません。

「雪虫を見ると、一週間もしないうちに雪が降る」そんな言葉を聞いて、育った方も多いかと思います。
海鳥センターでは来館される方のため、朝夕冷える時はストーブに火をつけはじめました。
風邪も流行っておりますので、どうぞ暖かい服装でお出かけください。
f0159390_1737456.jpg
【写真提供】山崎さん

(S)
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-24 17:58 | 【自然情報】羽幌

冬期間の開館時間変更のお知らせ

北海道海鳥センターでは、地球温暖化対策として、施設から排出されるCO2の削減に取り組んでいます。その一環として、冬期間の開館時間を次のとおり変更いたします。ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

 【開館時間】  平日(火~金)  午前9時~午後4時(1時間短縮)
         土・日、祝日   午前9時~午後5時(変更なし)
 【期  間】  平成21年11月5日(木)~平成22年3月31日(水)
         ※月曜日、祝日の翌日、年末年始は休館
f0159390_1341640.jpg
また、CO2削減のため、館内の暖房にペレットストーブを導入していますが、暖房温度を低く設定しています。ご来館の際は、暖かい服装でお越しください。

( I )


■11月の休館日
11月の休館日は、次のとおりです。
2日(月)、4日(水)、9日(月)16日(月)、24日(火)30日(月)
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-22 13:47 | インフォメーション

鳥たちを驚かさないために

バードウォッチングをするとき、野生動物の世界におじゃましているという気持ちで観察することが大切です。鳥たちをなるべく驚かさないように気をつければ、きっと自然な行動、自然な表情を私たちに見せてくれるはず。

下の写真は先日のジュニアレンジャー・サロベツ湿原観察会での一こまです。牧草地でエサを食べたり休憩するヒシクイを観察したのですが、ヒシクイたちを驚かさないようにみんなで気をつけて観察しました。
f0159390_16102248.jpg
双眼鏡で観察する子や、望遠レンズで写真を撮影する子たちは姿勢を低くして、しゃがみながら道路脇の草陰へ近づきました。

また、少し離れたところからフィールドスコープ(望遠鏡)を使って観察するのも驚かさない方法の一つです。もちろん、静かにそっと観察することは言うまでもありません。
f0159390_1610556.jpg


このように気をつけて観察していたのですが、観察地への移動中、バスの大きさに驚いて、いくつかの群れを飛ばしてしまいました。次回への課題ですね。

観察会などの行事の場合、どれだけ気をつけても「人数が多い」ことが野鳥への圧力になってしまいます。観察時や、移動時も、なるべく野鳥にストレスをかけないように、方法を探りながら行事を開催しています。

※写真は、講師兼ガイドとして私たちを案内してくれたNPO法人サロベツ・エコ・ネットワークさんからいただきました。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-20 16:29 | コーヒーブレイク

サロベツ原野での写真

10月10日から11日に行ったジュニアレンジャーのサロベツ原野・湿原観察会ですが、いつものように子どもたちはカメラを持って、それぞれの視点でサロベツ原野を撮影していました。

12日の報告でも、そのうちいくつかをご紹介していますが、ほかにもたくさんの写真を撮っています。
今回はそのうちいくつかを紹介してみたいと思います。

▼ジュニアレンジャーYさん撮影
f0159390_188660.jpg
     (一面に広がる草原の中を散策する)

f0159390_1891053.jpg
     (雨上がりの後、虹が出ていました)

f0159390_18101258.jpg
     (雲の中を飛んで行くヒシクイ)

▼ジュニアレンジャーHさん撮影
f0159390_18115743.jpg
     (湿原の向こう、雲に隠された利尻富士)

f0159390_18134080.jpg
     (ヒシクイ 飛び立ちの瞬間)

f0159390_18143678.jpg
     (丘陵地帯を飛ぶヒシクイ)

▼中学生サポーターTくん撮影
f0159390_18164029.jpg
     (どこまでも続く湿原と空)

f0159390_18213959.jpg
     (水分をたっぷり含んだミズゴケ)

いかがでしたでしょうか。これらの作品も、ジュニアレンジャー写真展に加えたいと思っています。臨時休館あけの20日以降、ぜひご来館ください。

( I )


■展示室の床面工事のため19日までの間、臨時休館しています。ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願いします。

臨時休館中は、展示室の見学や映像上映、トイレなどご利用できなくなりますが、電話やFAX、メールでのお問い合わせや傷病鳥の受け入れなどは対応します。ただし、調査業務などで外出することも多いため、留守番電話の場合はご連絡先を残してください。

  電話:0164-69-2080
  FAX:0164-69-2090
  メール:seabird(アットマーク)town.haboro.lg.jp
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-14 18:27 | ジュニアレンジャー

臨時休館中です

■本日より館内展示室の床面工事がはじまりました。19日までの間、臨時休館します。ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願いします。
f0159390_11293411.jpg

臨時休館中は、展示室の見学や映像上映、トイレなどご利用できなくなりますが、電話やFAX、メールでのお問い合わせや傷病鳥の受け入れなどは対応します。ただし、調査業務などで外出することも多いため、留守番電話の場合はご連絡先を残してください。

  電話:0164-69-2080
  FAX:0164-69-2090
  メール:seabird(アットマーク)town.haboro.lg.jp


■さて、すでにご案内していますが、10月24日(土)から25日(日)に環境教育の指導者養成講習会として「プロジェクトWET エデュケーター養成講習会」を開催します。参加の申し込みは明日、14日までです。お忘れの方は、いらっしゃいませんか?
f0159390_1130826.jpg

本講習会を受講すると、水について学ぶためのさまざまな活動の指導方法が収録されたテキストを取得できます。また講習会修了者には修了証が交付され、さまざまな場面で、プロジェクトWETの活動を指導できます。

道北ではあまり開催されない講習会です。18歳以上であればどなたでも受講できますので、この機会にぜひ、ご参加ください。

・本講習会についての詳細は【こちら】をご覧ください。

・プロジェクトWETについての詳細は【プロジェクトWETのホームページ】をご覧ください。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-13 11:37 | インフォメーション

サロベツ原野の観察に行ってきました

10日から11日、今年5回目となるジュニアレンジャーのミッション(研修会)で、サロベツ原野に行ってきました。ちょうどこの時期、渡りの途中にサロベツ原野で休息しているヒシクイを観察して、湿原の環境を学んできました。
f0159390_1744289.jpg
講師にNPO法人サロベツ・エコ・ネットワークの「しましま」さんと「みさたろ」さんにお越しいただき、わかりやすく湿原のできかたや環境について教えていただきました。

湿原ウォークでは、地平線まで続く広大な草原におどろき、ミズゴケの水分を多く含む地面の感触を確かめながら歩きました。
f0159390_17583476.jpg
      (撮影:ジュニアレンジャーH)

f0159390_180568.jpg
      (撮影:ジュニアレンジャーY)

f0159390_18956.jpg
      (撮影:ジュニアレンジャーY)

途中、木道の上にサロベツ原野を代表する小さな生き物「トウキョウトガリネズミ」の死体を見つけ、みな興味津々でした。
f0159390_18131034.jpg
      (撮影:ジュニアレンジャーS)

また、湿原の乾燥化についても学びました。農地開発などのための排水により、地下水位が低下しササの進入が進んでいます。湿原の中にササの多いところと少ないところがあり、違いを見ながら歩きました。
f0159390_18222171.jpg
      (撮影:ジュニアレンジャーR)

夕方、ヒシクイ観察に行きました。湿原周辺の牧草地で、数千羽のヒシクイたちが100羽単位の群れで散らばっていて、エサを食べたり休息したりしていました。このヒシクイたちはここでしばらく羽を休め、間もなく本州の越冬地へ向けて旅立ちます。
f0159390_17374672.jpg
      (撮影:ジュニアレンジャーH)
f0159390_17381981.jpg
      (撮影:ジュニアレンジャーH)

ジュニアレンジャーがサロベツ原野へ行くのは今回が初めてでしたが、とても充実した研修会となりました。NPO法人サロベツ・エコ・ネットワークのみなさん、ありがとうございました。今度は季節を変えて、花の季節にも行ってみたいと思っています。

( I )


■10月24日と25日、環境教育の指導者講習会として「プロジェクトWET エデュケーター養成講座」を開催します。ただいま参加者募集中です!詳しくは【こちら】をご覧ください。

■展示室床面工事のため、明日から臨時休館します。ご迷惑をおかけしますが、ご協力よろしくお願いいたします。 休館期間:10月13日(火)から10月19日(月)まで(7日間)
[PR]
by seabirdcenter | 2009-10-12 18:37 | ジュニアレンジャー

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな