海鳥日記

<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

サケが遡上しています

数日前に大雪山や利尻山では初冠雪を観測したそうですが、羽幌の野山では木々がだいぶ色づいてきています。

28日のブログにも書きましたが、羽幌川にはサケが遡上しています。先日、調査を兼ねて様子を見てきました。水中写真にもチャレンジしてみましたので、ご覧下さい。

f0159390_1033228.jpg

f0159390_10335964.jpg

f0159390_10343783.jpg

f0159390_10345263.jpg


川の周辺にはサケを狙ってキツネが来ていました。森のさらに奥深くでは、ヒグマも狙っていることでしょう。毎年くり返される自然のダイナミックな営みに、圧倒されるばかりです。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2008-09-30 11:07 | 【自然情報】羽幌

海岸清掃を行いました

ジュニアレンジャー5回目のミッション(研修会)で、羽幌の海岸清掃を行いました。名寄の「ゴミプロジェクト」と札幌のNPO「北海道海浜美化を進める会」のみなさんと一緒です。

午前中は「海鳥と私たちの環境」というテーマで勉強会を行い、海のプラスチック汚染などについて学びました。

その後、ちょうど今の時期に遡上してきているサケを見に行きました。サケは、海の栄養を森へ還すという大事な役割を持った生き物です。みんなで声援を送りながら、ジャンプして難所を越えようとしているサケたちを見守りました。
f0159390_1851078.jpg


午後はいよいよ海岸清掃です。風が強く、肌寒い天候でしたが、それでも1時間あまりで50袋を超えるゴミを拾うことができました。人数が多いと早いですね。
f0159390_18515183.jpg

f0159390_1852234.jpg


ゴミプロジェクトと北海道海浜美化を進める会のみなさん、ありがとうございました。羽幌の海岸清掃に毎年来ていただき、大変感謝しています。また来年も一緒に海岸清掃しましょう!お待ちしています。
f0159390_1853529.jpg

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2008-09-28 19:03 | ジュニアレンジャー

羽幌高校生 総合的な学習の時間で海鳥について学ぶ

羽幌高校では毎年、地域学習の一環として、地域の自然環境について学ぶ機会を設けています。内容は、外部から講師を招いて管内に自生する花や生き物について話を聞いたり、河川に行って水質調査を行うなど、多岐に渡っています。

今日は、羽幌高校の一年生がセンターを訪れて、国内有数の海鳥の繁殖地である天売島について紹介したビデオを見た後、海鳥を取り巻く環境について調べていきました。
高校生の一人は、プラスチックやゴミでお腹がふくれあがって餓死した海鳥の展示を見て、「すごく怖い。カモメはスナック菓子を消化できないことも初めて知った」と話していました。

※海鳥センターでは、個人・団体を問わず、ご希望に応じて展示解説や海鳥の紹介なども行っています。ぜひご利用ください。
f0159390_1658913.jpg

(S)
[PR]
by seabirdcenter | 2008-09-24 16:59 | 団体対応

ヒシクイの渡りはじまる【サロベツ】

サロベツ原野に今年もヒシクイの群れが渡ってきました。
この時期、サロベツに渡ってくるのは主にオオヒシクイですが、マガン、カリガネなど、他の雁の仲間が一緒にいるときもあります。

ヒシクイたちはしばらく羽根を休めてから、雪が降り始める前に、琵琶湖などの越冬地へ向かって旅立ちます。
ラムサール条約湿地として、世界的にも重要な湿地として認められているサロベツを代表する秋の風景。一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。
f0159390_11495134.jpg

f0159390_1150747.jpg

【写真提供】岩澤さま

(S)
[PR]
by seabirdcenter | 2008-09-21 11:50 | 【自然情報】オロロンライン

本日、FMノースウェーブで放送があります

本日(9月20日)、午後5時ごろから10分程度、FMノースウェーブの番組に電話で出演します。オロロン鳥をテーマに、お話しさせていただく予定です。

■FMノースウェーブ 82.5MHz
番組名:STATION DRIVE SATURDAY
DJ:ヒロ福地/ケイコ
コーナー名:MUSIC ON THE EARTH RADIO(17:00-17:10)

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2008-09-20 09:51 | インフォメーション

野鳥たちにも秋到来

緑一色だった山間の景色にも、赤や黄が交ざりはじめました。
水田では、実った稲穂がこうべをたれています。
野生の生き物たちにとっても、実り(食欲)のシーズン真っ盛りです。

■羽幌川沿いでは、ミサゴ、カモ類の他に、オジロワシも見かけるようになりました。
f0159390_10505945.jpg

■河口付近の防波堤では、秋サケ狙いの太公望たちの他、海水を飲みにアオバトの群れが来ていました。
f0159390_10511273.jpg

■ビオトープでは、約20cmくらいの大きさのマムシ(※)がいました。
f0159390_10512557.jpg

この時期、食べ物のあるところに行けば、なにかしらの生き物と出会います。
多くはお気に入りの餌場を持っていて、顔見知りになるものもいますが、
渡り鳥の群れの場合、会った翌日にはすでに南へ移動してしまっていることもままあります。
天気の良い日は、自然との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※「小指くらいの大きさのシマヘビの赤ちゃん」と申し上げましたが、掲載後、約20cmくらいのマムシであったことが分かりました。この場を借りて、訂正とお詫び申し上げます。

【写真提供】
岩澤さま(ミサゴ・アオバト)
金田さま(マムシ)

(S)
[PR]
by seabirdcenter | 2008-09-18 10:55 | 【自然情報】羽幌

新しい展示紹介・・・エゾモモンガ

やまね工房のぬいぐるみを利用して、エゾモモンガを紹介する展示を作ってみました。ひもを引っ張って放すと、モモンガが滑空するしくみになっています。
f0159390_1622322.jpg
※この仕掛けは、羅臼ビジターセンターにあった商品ディスプレイを参考にしました

生態などの解説や、写真集も置いてみました。エゾモモンガのことがよくわかるようになっています。
f0159390_16225535.jpg

また、野生動物教育研究室WELが制作した「ヒグマかるた」も置いてみました。かるた遊びをしながら、ヒグマの生態やつきあい方が学べるようになっています。さっそく近所の子どもたちが遊んでいました。
f0159390_16242235.jpg

エゾモモンガやヒグマは、羽幌にも生息する野生動物です。海鳥だけではなく、広く道北に生息する生き物たちも、展示などで紹介してきたいと思っています。

( I )


■秋の渡り鳥観察会 参加者募集中!■
9月23日(祝)に「秋の渡り鳥観察会」を実施します。ただいま参加者募集中です。詳しくは、8月27日のブログ記事をご覧下さい。
[PR]
by seabirdcenter | 2008-09-15 16:34 | 展示紹介

ビオトープの生き物しらべ

9月7日、ジュニアレンジャー4回目のミッション(研修会)で、福寿川の水質調査とビオトープの生き物しらべを行いました。

朝からビオトープへ行く予定でしたが雨の予報だったため、午前中はセンター裏の福寿川で水質調査を行いました。ビオトープの下流にあたる福寿川ですが、家庭排水の流入も多く、CODや界面活性剤の濃度は高めでした。
f0159390_12592464.jpg

界面活性剤の影響をみるために、鳥の羽と水を使った実験も行いました。水道水では羽が水をはじいて、玉になって転がり落ちますが、食器用洗剤をほんの少し混ぜた水でははじかなくなります。みんなで水をきれいにしていくにはどうしたら良いのか話し合いました。
f0159390_1301889.jpg

午後は曇り空だったので、ビオトープへ移動し生き物しらべをしました。タモ網や虫取り網で水生昆虫や池周辺の生き物を観察しました。生き物の種類は年々増えてきているようです。
f0159390_1304533.jpg

次回のミッションは海岸清掃です。名寄や札幌の団体と合同で行います。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2008-09-09 13:15 | ジュニアレンジャー

北海道新聞夕刊「北極星」

北海道新聞夕刊(道北方面のみ)に「北極星」というエッセーコーナーがあります。道北各地域から14名が執筆を担当していて、海鳥センターも今年の5月から執筆を担当し、これまで3回掲載されました。

紙面では道北方面のみの掲載ですが、北海道新聞旭川支社のホームページで過去掲載分を見ることができます。つたない文章ですが、お読みいただければと思います。また、他地域でご活躍のみなさまの文章もぜひご覧下さい。

以下、海鳥センター担当分のタイトルと掲載月日です。
「洞爺湖サミットを前に」 5月22日掲載
「繁殖期の天売へ行こう」 7月7日掲載
「カブトムシ探し」 8月25日掲載
f0159390_12482583.jpg



■9月の休館日■
9月の休館日は次のとおりです。
1日(月)、8日(月)、16日(火)、22日(月)、29日(月)

■秋の渡り鳥観察会 参加者募集中!■
9月23日(祝)に「秋の渡り鳥観察会」を実施します。ただいま参加者募集中です。詳しくは、8月27日のブログ記事をご覧下さい。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2008-09-04 12:56 | インフォメーション

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな