海鳥日記

カテゴリ:自然空間はぼろ( 29 )

秋の植樹会を開催しました

今月第3日曜日に羽幌ビオトープで、留萌みどりネットワーク主催「留萌をみどりの輪でつなぐ植樹祭」を開催しました。
留萌みどりネットワークとは、留萌管内の緑化団体と行政が連携し昨年発足した組織です。今回の留萌みどりネットワークによる植樹祭は、昨年に続いて2回目の開催となりました。

f0159390_11512846.jpg


植えた苗木の種類はアカエゾマツとミズナラの2種類で計70本植樹し、これまでに植えた本数は7000本以上となります。
当日は秋晴れとなり、気持ちいい汗をかきながらの作業となりました。

f0159390_11301867.jpg


参加者の中には小さなお子さんもいました。自分で植えたアカエゾマツが10年後、どれだけ成長しているでしょうか。

f0159390_11335724.jpg


敷地内には植樹した小さな木がたくさんあるので、これらの木が大きな木になるようにしっかり管理していきます。参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

f0159390_1271481.jpg



(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2013-10-22 12:12 | 自然空間はぼろ

葦簀(よしず)作り

羽幌ビオトープ作りを行っている羽幌みんなでつくる自然空間協議会では、毎月第3日曜日にビオトープ活動を行っています。1月の活動は、昨年の秋に刈ったヨシで、葦簀を作りをしました。
f0159390_17454834.jpg

手作りの編み機で葦簀を編んでいくのですが、1本、また1本とヨシを重ねて編み上げていく作業は、馴れるまでが大変で、コツがいる作業です。コツをつかむことができると、小学生でも編むことができます。
後日、私も挑戦しましたが、馴れてくると夢中になってしまい、あっという間に2時間ほど編み続けていました。しかし、久しぶりの立ち仕事で、腰を痛めてしまいました・・・情けないです。

今回のビオトープ定例活動は葦簀作りでしたが、次回はビオトープ地内の除雪作業です。
羽幌みんなでつくる自然空間協議会、活動に興味がある皆さま、冬の活動も、ご協力・ご参加お待ちしています♪

(Y)


【2月の休館日】
4日(月)、12日(火)、18日(月)、25日(月)
[PR]
by seabirdcenter | 2013-02-11 09:00 | 自然空間はぼろ

北海道e-水フォーラムに参加しました

羽幌みんなでつくる自然空間協議会は『北海道e-水プロジェクト』の支援を受けています。その活動報告会『北海道e-水フォーラム』が11月20日に札幌で行われました。

f0159390_163575.jpg


北海道e-水プロジェクトから助成をうけた9団体が北海道の各地から集まり、今年の活動の報告をしました。水辺の保全活動に取り組む各団体の報告の内容は、外来種のウチダザリガニ・アメリカザリガニの駆除や水辺の水生生物の調査、湿原植物の再生活動などでした。
羽幌みんなでつくる自然空間協議会は、ビオトープ整備や環境学習事業、春から秋にかけて行った植樹活動などを中心に活動報告をしました。
f0159390_16461691.jpg

また今回は、猛禽類医学研究所の齋藤慶輔獣医師の基調講演も行われました。オジロワシやオオワシ、シマフクロウの衝突・交通事故など、貴重なお話しをじっくり聴くことができました。

羽幌みんなでつくる自然空間協議会は北海道e-水プロジェクトの支援をうけ、今年もさまざまな活動を行うことができました。ご支援ありがとうございました。




北海道e-水プロジェクトについてはこちら
北海道e-水プロジェクト
北海道e-水プロジェクト・キックオフミーティングに参加してきました

(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2012-11-23 17:12 | 自然空間はぼろ

8月のビオトープ活動

毎月第3日曜日はビオトープの活動日です。月に1回でも、皆さまにビオトープの活動に参加していただきたいと思い、今年の6月から毎月活動を行っています。

8月19日の活動日は天気も良く、青空の下で作業ができました。
この日はビオトープ内の池に多くなってしまった、ヒシやミズアオイの駆除を行いました。

ヒシは池の中で網を張ったようにびっしりとあり、長くなった茎を手に巻き付けながら取り除きました。
f0159390_12415058.jpg

ミズアオイは、ちょうど花が咲いていてとてもキレイでした。しかし、放っておくとすぐに増えてミズアオイだらけになってしまいます。
f0159390_132306.jpg

ソリに駆除したミズアオイをどんどん乗せていきます。採ったミズアオイは池の外に捨て、また採っては捨てるの繰り返しです。
f0159390_13215455.jpg


休憩を入れながらお昼くらいまで作業を行いましたが、今回の参加者が少人数だったので、ヒシもミズアオイもたくさん残っています。
9月の第3日曜日も活動を行うので、ビオトープ会員の方も、活動に興味がある方もぜひご参加ください!

(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2012-08-25 14:32 | 自然空間はぼろ

漁協女性部・羽幌高校1年生合同植樹祭

道北本来の自然環境の復元を目指す「自然空間はぼろ」(羽幌ビオトープ)で、毎年恒例となっている北るもい漁協女性部と職員の皆さん、羽幌高校1年生との合同植樹祭が行われました。今年は一村一炭素落とし事業に参加している商店街からも参加があり、約100名での植樹祭となりました。
f0159390_1317625.jpg
f0159390_13172844.jpg

今回植樹したのは、漁協と北海道山林種苗協働組合青年部から提供されたシラカバ、ミズナラ、カシワ、ナナカマドなど550本。累計では、ついに6,000本を越えました。
f0159390_13171310.jpg

過去に植樹した木々は、ゆっくりですが大きく生長してきています。生息する野鳥や昆虫など生き物の種類も年々増えてきています。今回植えた木が大きくなる頃には、生き物のにぎわい豊かな森になっているでしょう。
f0159390_1317015.jpg
植樹祭に参加されたみなさま、お疲れさまでした。今回植えた木々の様子を、たまに見に来ていただければと思います。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2012-05-29 13:43 | 自然空間はぼろ

北海道e-水プロジェクト・キックオフミーティングに参加してきました

21、22日の二日間にわたって「北海道e-水プロジェクト」キックオフミーティングに参加してきました。


北海道e-水プロジェクトについてはこちら 


開催場所は夕張郡栗山町にある雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウスです。廃校となっていた小学校を財団法人コカコーラ教育・環境財団と栗山町とともに環境教育などを行う宿泊施設として再利用しています。

f0159390_13493026.jpg


一昨年と同様、今年も北海道e-水プロジェクトから助成を受けることができました。助成金は、はぼろみんなでつくる自然空間協議会(羽幌ビオトープ)の活動に活用します。

f0159390_13585227.jpg


キックオフミーティングでは、はぼろみんなでつくる自然空間協議会を含む9団体の事業発表がありました。
他団体の北海道の事業内容は、湿原固有種の植生再生や森や川での体験活動など、「水」を中心とした活動内容でした。
道内各地で環境保全に取り組む団体が北海道e-水プロジェクトからの助成を受け、今後の活動に役立てていきます。


去年の北海道e-水フォーラムについてはこちら


(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2012-04-22 14:45 | 自然空間はぼろ

ビオトープでアカエリヒレアシシギ

9月7日にビオトープにアカエリヒレアシシギが訪れました。

f0159390_14252581.jpg
『アカエリヒレアシシギ』 (岩澤光子 撮影)


目撃した岩澤光子氏によるとビオトープの池で一休みした後、すぐに飛んでいったそうです。
f0159390_14251910.jpg
『アカエリヒレアシシギ』 (岩澤光子 撮影)


日本に来るアカエリヒレアシシギはインドネシア沖で越冬し、北極海沿岸で繁殖します。長距離の渡りをするからでしょうか?鳥にしては珍しくオスが抱卵と子育てをし、雌は卵を産んだらさっさと南へ渡ってしまいます。またシギの仲間でですが、繁殖期以外は海上ですごし、その名のとおり、足の指にはひれのような広がりが付いています。羽幌と天売の航路では5月下旬に多く、7月から8月にかけてもちらほら目撃されています。まれに水田などにいることがあり、9月に羽幌の夜の野球場の照明に引き寄せられることもありました。

ビオトープでの確認は初めてです。

(H)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-09-07 15:15 | 自然空間はぼろ

ビオトープで植樹を行いました

毎年恒例となっている、ビオトープの合同植樹会を今日行いました。
メンバーは地元の羽幌高校1年生と北留萌漁協羽幌支部女性部、それにビオトープ会員の3団体で合わせて約105名が参加しました。
f0159390_1739333.jpg

苗木の種類はアカエゾマツやミズナラ・カシワなど9種類、合計650本を植樹しました。
高校生の若さとベテランのパワーで作業は順調に進みました。
f0159390_1751279.jpg

f0159390_17402212.jpg

これまでに植えた苗木の中には、ネズミにかじられたり、根腐れを起こして残念ながら成長せずに倒れてしまったものもあります。
今回植えた木々たちは1本でも多く、すくすく育って欲しいと願っています。
f0159390_17411917.jpg
植樹したアカエゾマツ


(Z)
■5月の休み 23日(月)・30日(月)
[PR]
by seabirdcenter | 2011-05-16 17:45 | 自然空間はぼろ

オオキトンボ 道内初確認

2月16日の北海道新聞でご覧になった方も多いと思いますが、絶滅危惧種に指定されているオオキトンボが自然空間はぼろ(羽幌ビオトープ)に生息していることが確認されました。北海道で生息が確認されたのは初めてのようです。
f0159390_17101975.jpg
(オオキトンボ 撮影:山崎永尋さん)


道内のトンボ研究家らによって昨年9月に発見、確認され、その後いつも当ブログに写真を提供していただいている山崎永尋さんが2009年9月に撮影していたトンボも、オオキトンボであることが確認されました。

オオキトンボはアカネ属の仲間(いわゆる赤とんぼ)です。日本では青森県以南の本州・四国・九州北部で記録がありますが、その生息地は局地的です。開発などによって著しく減少していると考えられ、環境省のレッドリストで絶滅危惧1類(絶滅の危機に瀕している種)に指定されていてます。

絶滅のおそれのある種の生息が確認されたことはとても嬉しいのですが、乱獲などが心配されます。自然空間はぼろは、オオキトンボ以外にも多くの生き物が生息する、とても貴重な、生き物のにぎわいあふれる豊かな環境です。

ぜひみなさんにも自然空間はぼろにお越しいただき、生き物のにぎわいを感じていただきたいのですが、生き物の生息地を荒らさないよう、採集はせずにそっと観察していただければと思います。

( I )



第10回 海鳥デザインコンテスト 作品募集!締切3/15(火)

【採用情報】北海道海鳥センター嘱託職員募集 まもなく締切 2/25までです。
[PR]
by seabirdcenter | 2011-02-19 17:14 | 自然空間はぼろ

ビオトープの冬ごもり

先日、長い冬を前に羽幌ビオトープの水車小屋などが、葦簀(よしず)で覆われました。日本海の厳しい風雪から水車小屋を守るため、毎年欠かせない作業です。葦簀は昨年羽幌川周辺で収穫して、手づくりしたものです。
f0159390_1434031.jpg

この日は穏やかでしたが、さっそく今日は強い風と雪が吹き付けています。これから春までの間、ビオトープとビオトープでの活動は、しばし冬眠に入ります。

※これからの季節、道北の日本海沿いは吹雪など荒れた天候が多くなります。ご旅行の際は、車の運転など、お気をつけください。

( I )


■12月の休館日
6日(月)、13日(月)、20日(月)、24日(金)、27日(月)、31日(金)
※年末年始の休館は、12月31日(金)〜1月5日(水)です。
[PR]
by seabirdcenter | 2010-11-28 14:13 | 自然空間はぼろ

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな