海鳥日記

カテゴリ:ジュニアレンジャー( 79 )

海の日に海岸清掃

連休最終日の海の日は、ジュニアレンジャーの今年3回目のミッション(研修会)で、海岸清掃をしました。
f0159390_169304.jpg

みんなでプラスチックの漂着ゴミを中心に集めましたが、途中からシーグラス集めになってしまいました。シーグラスを探していた時間の方が、ごみ拾いをしていた時間より長いかも(笑)
f0159390_1610663.jpg

今度はシーグラスで、工作でもしましょうか。
f0159390_16101024.jpg


(いし)
[PR]
by seabirdcenter | 2014-07-22 09:00 | ジュニアレンジャー

ジュニアレンジャー始動!

今年もジュニアレンジャーの活動が始まりました!
今年度は羽幌、苫前、古丹別から14名の子ども達が参加してくれました。任命式を行ったあと、早速羽幌ビオトープで植樹活動を行いました。
f0159390_12383249.jpg

この日は朝から霧雨であいにくの天気でしたが、羽幌みんなでつくる自然空間協議会の皆さんと一緒にヤチダモを100本植えました。霧雨で寒いから早めに切り上げよう・・・と言っていたのですが、心配は無用でした。気合い十分のジュニアレンジャー達は寒さにも霧雨にも負けず、あっという間に100本植え終わってしまいました。来年はどのくらいまで生長しているか楽しみです。
f0159390_1248121.jpg

海鳥センターでお昼ご飯を食べたあと、一部のジュニアレンジャーがウトウのウッチー物語りの紙芝居を新人ジュニアレンジャーに紹介していました。すっかり「先輩」になっており一安心です。
f0159390_12594460.jpg

午後はゴミ拾いをしながら緑の募金活動を行うスーパーへ向かいました。ゴミはタバコの吸い殻が一番目立ちました。日本でも世界的にも多く見られるゴミと言われているのがタバコの吸い殻(フィルター)だそうです。フィルターは分解するのに数年かかると言われています。タールやニコチンを含んだ吸い殻が環境に大きく影響があることに気づかなければなりません。
f0159390_13152737.jpg

ゴミ拾いの後は町内のスーパーの玄関前で緑の募金活動をしました。これは北海道の森づくりのための活動で、集めた募金の一部は羽幌ビオトープの森づくりに使用します。募金にご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。
f0159390_1331855.jpg

今回は森と川と海のつながりを学びましたが、来月はメインのミッション「天売島海鳥かんさつ会」です。ジュニアレンジャーのみなさん、次回も元気よく参加してくださいね。また、サポーターの皆さんもご協力お願いします!
f0159390_13312731.jpg



(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2014-05-29 09:00 | ジュニアレンジャー

ジュニアレンジャーラストミッション 修了式

今年も年度末となり、昨日はジュニアレンジャーの修了式を行いました。
ラストミッションということで、ジュニアレンジャーの活動をいっぱい詰めたポスター作りを行いました。
f0159390_14134760.jpg

大きな画用紙に活動写真をペタペタ貼って、写真にコメントを付けたら完成です。見ているだけで楽しくなるポスターができました。海鳥センターで展示しているのでご覧ください。
その後は、ジュニアレンジャーの活動写真をスクリーンに写して、1年間の思い出をふり返りました。そして、いよいよ修了式です。
f0159390_15395242.jpg

修了証を渡し、今年度のジュニアレンジャーのミッションを終えましたが、皆勤賞を取れなかった事が悔しいと言っていた子がチラホラいました。次こそ皆勤賞を目指して、次年度も活躍してくださいね。

ジュニアレンジャー、サポーターのみなさん、1年間お疲れさまでした(^^)



(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2014-03-30 16:28 | ジュニアレンジャー

ジュニアレンジャーと冬の森探検

先週の土曜日に、ジュニアレンジャーのミッションで、自然観察をしながらスノーハイクをしてきました。
当日は久々の快晴で、風もなく、雪も調度良く積もり、絶好のスノーハイク日和でした。
場所は羽幌町民スキー場の裏の森です。スノーシューで森の中を歩きながら、動物の痕跡、木の芽探しをしてきました。
f0159390_13463713.jpg

森の中を歩くと、早速、エゾユキウサギの足跡がたくさんありました。
f0159390_13473075.jpg

足跡をたどりながら進んでいくと、羊の顔に見えるクルミの木の芽を発見。羊ではなく、ミッキーマウスに見えた子もいたようです。見方は人それぞれ違いますね。
f0159390_1350167.jpg

木の芽について、サポーターにスケッチブックで紹介をしてもらいました。木の芽の見方を変えたら面白い顔に見える事がわかると、ジュニアレンジャー達は興味津々で聞いていました。
f0159390_13583758.jpg

他にも、木の下にはエゾシカの足跡や食痕があり、エゾユキウサギの糞がたくさん落ちているなど、たくさんの動物の痕跡を見つけるこができました。今回のミッションで、動物の痕跡を探して見つける力をつけた他、冬芽の楽しみ方も覚え、大収穫のスノーハイクだったようです。
f0159390_13585787.jpg

午後は、ソリや肥料袋を使っての尻滑り、雪合戦、雪だるま作りなどをして、冬のスキー場で思う存分遊びました。大人になっても、雪遊びは楽しいものですね。
f0159390_14372260.jpg




(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2014-02-11 14:45 | ジュニアレンジャー

松ぼっくりツリー作り

先日のジュニアレンジャーのミッションで、クリスマスツリーを作りました。
ツリーに使ったのは、地面に落ちていた松ぼっくりです。
アカエゾマツ、カラマツ、クロマツなど、種類で異なった大きさの松ぼっくりを使用しました。鉢は、レインスティック作りで使った枯れたオオイタドリを使用しています。
f0159390_1393982.jpg

まずは、松ぼっくりの役目について説明し、どこに種があるのか探してもらいました。じっくり観察しないと、意外とわかりません。
松ぼっくりについて学んだ後は、お待ちかねのツリー作りです。作り方は、松ぼっくりと、5㎝ぐらいに切ったオオイタドリをホットボンドでくっつけたら、ビーズやリボン、モールなど、好きな飾りを好きなだけくっつけます。
f0159390_1310117.jpg

ビーズが小さく細かい作業なので、真剣な表情でもくもくと飾ってました。
f0159390_13121844.jpg

完成したツリーを並べるととても賑やかになり、一気にクリスマスの雰囲気になりました。
f0159390_13152731.jpg

ツリー作りを楽しむだけではなく、松ぼっくりをじっくり観察する良い機会にもなるので、みなさんもぜひ作ってみてください。温かみのある手作りツリーをお家に飾って、楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。


(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2013-12-17 13:25 | ジュニアレンジャー

レインスティックを作りました

ジュニアレンジャーの行事で、レインスティックという楽器を作りました。
f0159390_13571070.jpg

レインスティックの紀元はいろいろな説があるそうですが、もとは南米などで、枯れたサボテンを拾ったところ、雨音とのような音が聞こえたことから生まれたそうです。サボテンは手に入らないので、今回は太めのオオイタドリの茎を使用しました。
作り方は、まずオオイタドリの茎に目打ちなどで穴を開けてから妻楊枝を刺していきます。
f0159390_135247100.jpg

次に、茎から飛び出した妻楊枝を切っていきます。
f0159390_14163075.jpg

片方の茎の口を布でふさぎ毛糸などで固定したら、茎の中に貝殻を砕いたものや、豆、木の実、妻楊枝の切れ端など好みの物を入れます。みんな自分の好みの音になるように一生懸命音探しをしていました。ハーブやドライフラワーなどを入れると香りも楽しめますよ〜。
最後はもう片方の口をふさぎ、毛糸などで飾りを作ってレインスティックに巻き付けたら完成です。
f0159390_14224596.jpg

個性豊かなレインスティックが完成しました!
f0159390_14451326.jpg

最後は完成した作品を持って、はいポーズ♪
茎の中に入れた物は取り替えることができるので、いろいろなものを入れたり、量を調節して音を楽しんで下さいね。
f0159390_14574462.jpg



(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2013-10-27 15:10 | ジュニアレンジャー

宮島沼でマガン観察!

少し前の話しになりますが・・・
9月28日〜29日にジュニアレンジャーの研修会で、美唄市の宮島沼にマガンを観察してきました。

f0159390_16344437.jpg


羽幌から美唄へ向かう途中、砂川市にある「こどもの国」という公園に立ち寄りました。
昼食を食べたあと、滑り台・ブランコ・ブロックなどの遊具がある施設でジュニアレンジャーたちは大暴れ。走りまわってはしゃいでいましたが、出発時間になっても遊び足りないようでした。私も子ども達の写真を撮っていましたが、追いかけるだけででクタクタ。子ども達の体力には敵いません。

f0159390_16361570.jpg


次に研修会のメインである宮島沼に向かいました。宮島沼は、渡りをするマガンの休憩地になっています。秋の最盛期には、4万羽ものマガンが集まります。
この日は、宮島沼で自然に関する活動をしている「マガレンジャー」が、紙芝居などで宮島沼の自然について紹介をしてくれました。ジュニアレンジャーの何人かは勉強のためか、動画で宮島沼の紹介の一部始終を撮っている子もいました。

f0159390_16492266.jpg


日が暮れると、マガンが宮島沼にちらほらと飛来してきました。マガレンジャーとジュニアレンジャーでチームを作り、マガンの飛来数をカウンターで数えながら観察したのですが、次から次とマガンの群れが宮島沼に入って行くので、カウントが追いつきません。マガレンジャーの隊長ともなると、100羽単位でカウントするそうです。
だいたい数えおえるとカウントを止めて、最後はみんなで空を眺めて感動に浸っていました。

f0159390_18101515.jpg


最後に、各チームでカウントした飛来数を発表し合いました。

f0159390_18142452.jpg


カウントをしていた時間はおよそ30分程度でしたが、この短時間で飛来数は14000羽を超えていました。ちなみにこの日の飛来数は40000羽には満たなかったようです。
今回の研修会を終えると、ジュニアレンジャーたちは「今度はマガレンジャー達に、天売島の案内をしたい!」と言っていました。
来年の天売島海鳥観察会では、それが実現できたらいいなと思います。

(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2013-10-18 09:00 | ジュニアレンジャー

リサイクルキャンドル作り

1月のジュニアレンジャーミッションは羽幌環境会議のみなさんを講師に、使用済みロウソクと天ぷら油でリサイクルキャンドルを作りました。
f0159390_11594012.jpg

ジュニアレンジャーの行事で毎年恒例の内容ですが、参加したジュニアレンジャーと同じく、私も今回初めてリサイクルキャンドルを作りました。
今回は、4種類のキャンドルを作りました。レインボーキャンドルは、使用済みロウソクを湯煎で溶かし、削ったクレヨンを入れて色づけして、色つけ用のロウを作ります。その中に、基本となる新しいロウソクを入れて、色を順番につけていきます。
f0159390_12111871.jpg

色づけの回数と色づけの順番によって、やさしい色、色の主張の強いレインボーキャンドルができました。
f0159390_1226450.jpg

フローティングキャンドルは、レインボーキャンドルで使った色づけ用のロウをバットに流し入れ、ある程度冷やします。羊羹ぐらいの固さになったら、クッキー型で型抜きしていきます。お菓子作りみたいですね。
f0159390_12361658.jpg

型抜きしたロウを重ね、芯を入れて完成です。
f0159390_12481844.jpg

他にも、天ぷら油に油処理剤を溶かして作ったキャンドルや、型抜きの余りで作ったキャンドルなど作り、天ぷら油と使用済みのロウソクを無駄なく可愛らしいキャンドルに変身させることができました。
f0159390_133199.jpg

今回作ったキャンドルを家にいくつか持ち帰ったので、たまには電気を消して、手作りキャンドルの温かい光で過ごしてみようと思います。


(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2013-02-10 13:33 | ジュニアレンジャー

ジュニアレンジャーミッション 巣箱づくり

11月23日(金)にジュニアレンジャーのミッションで、野鳥の巣箱づくりを行いました。
今回はサポーター他に、羽幌町で自然体験を伝える「寺子屋塾」のみなさんにも手伝っていただきまし
た。
f0159390_15594737.jpg

今回参加したジュニアレンジャーのほとんどが初めてノコギリを使用したのですが、サポーターや寺子屋塾のみなさんにアドバイスを貰いながら、一生懸命板を切っていました。
f0159390_1628203.jpg

板を切ったら寺子屋塾のみなさんにドリルで釘穴を開けて貰い、釘・ネジを使って巣箱の形にしていきます。
f0159390_16294187.jpg

f0159390_1631365.jpg

巣箱が完成すると、巣箱に鳥などの絵を描いてる子もいました。館内にある海鳥のカービング(木の模型)や動画をじっくり見ながら、真剣に書いていました。
f0159390_16341836.jpg

そしてこれが完成した巣箱です!
f0159390_1636224.jpg

巣箱は木などにかけることができます。巣箱の穴は3㎝で、スズメやシジュウカラが入ることができます。冬に時期に巣箱をかけると、野鳥たちは寒さをしのぐねぐらとして使用し、春になると繁殖場所として使用できます。
ジュニアレンジャーのみなさん、どんな鳥が巣箱を使っているか、よく観察してみてくださいね♪

(Y)
[PR]
by seabirdcenter | 2012-12-26 16:49 | ジュニアレンジャー

ビオトープの生き物しらべ

ジュニアレンジャー今年4回目のミッションで、自然空間はぼろ(羽幌ビオトープ)の生き物調べをしました。
f0159390_14414713.jpg
始めにビオトープの下流にあたる、海鳥センター裏を流れる福寿川で水質調査をしました。調査項目は透視度、におい、pH、COD、NO2、PO4の6項目です。透視度はペットボトルで作った手づくり透視度計を使って、pHやCODはパックテストを使って調べました。
f0159390_14584118.jpg

CODがかなり高い数値(汚れている)になりましたが、それ以外はおおむね良好な結果でした。

f0159390_1563644.jpg
午後は自然空間はぼろへ移動して生き物調べをしました。トンボやチョウの仲間を中心に、さまざまな生き物を見つけることができました。

ビオトープの生き物調べは、ジュニアレンジャーが毎年続けている調査です。ビオトープの木々の生長とともに、環境の変化を記録していこうと思います。

※この調査は、北海道e-水プロジェクトの支援により実施しました。

( I )


■9月の休館日
3日(月)、10日(月)、18日(火)、24日(月)
[PR]
by seabirdcenter | 2012-08-26 15:47 | ジュニアレンジャー

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな