海鳥日記

カテゴリ:【自然情報】羽幌( 335 )

あしあと

 12月23日、羽幌町の山歩き同好会(山歩会)のスノーシューハイクに自然情報収集を兼ねて参加しました。雪が積もると動物たちの足跡が残り、どんな動物が歩いていたのか分かります。この日はエゾシカ、エゾユキウサギ、ネズミの仲間などの足跡を見ることができました。

▼エゾユキウサギの足跡 (ちなみに進行方向は右から左)
f0159390_11275098.jpg

▼エゾシカの足跡 
f0159390_1128856.jpg

▼とても良い天気でした。
f0159390_12322964.jpg

 雪が降り終わり、風もなく穏やかな夜の翌日は、動物の足跡を観察するのに絶好の日です。冬は野生動物の足跡を探しに行くのも良いかもしれません。

さい
[PR]
by seabirdcenter | 2015-12-25 12:43 | 【自然情報】羽幌

羽幌町の積雪

 12月21日の羽幌川と防風林の様子です。羽幌町では暖かい日が続き、一度積もった雪も溶けてしまいました。溶けた後も雪は降りましたが、この時期の積雪量にしては少ないようです。防風林でもまだササが見えています。野鳥はミヤマカケス、シジュウカラ、アカゲラなどが観察できました。
f0159390_11345243.jpg

f0159390_113038.jpg

▼ミヤマカケス
f0159390_1139549.jpg

さい
[PR]
by seabirdcenter | 2015-12-22 11:51 | 【自然情報】羽幌

シノリガモ・クロガモ

 羽幌町の港周辺にシノリガモとクロガモが来ていました。どちらも主に冬鳥として渡ってきます。
f0159390_1353916.jpg

↑シノリガモ
 海岸からそれほど離れていない場所に10羽ほどいました。

f0159390_13533017.jpg

↑クロガモ
 遠くからでもオスの黄色い嘴が目立ちます。

 寒くても平気で海に浮かんでいるカモの姿を見て、私もカモのような暖かい羽毛が欲しくなりました。(2015.11.18 撮影)


さい
[PR]
by seabirdcenter | 2015-11-21 14:59 | 【自然情報】羽幌

オツネントンボ

 羽幌町内の川沿いを散策していると、オツネントンボをよく見かけました。大きさは4センチほどです。この日は暖かく多くの昆虫が活動していました。
f0159390_11415134.jpg

 トンボの仲間の多くは幼虫(ヤゴ)として、水中で越冬します。しかし、オツネントンボは成虫の姿のまま越冬するという特徴があります。
f0159390_11441358.jpg

 オツネントンボが越冬している姿を見たことがないので、どこで越冬しているのか探してみようと思います。(撮影 2015.11.3)


さい
[PR]
by seabirdcenter | 2015-11-11 12:50 | 【自然情報】羽幌

マガンの群れが羽幌を通過していきました

2015年11月5日の9時頃に,南下していくマガンの2つの群れ(141羽,34羽)を目撃しました.これらの群れは,初山別方面の海岸線から,羽幌市街地の上空を通過して,留萌方面に飛んでいきました.
まつ

f0159390_10495779.jpg



f0159390_10482724.jpg

[PR]
by seabirdcenter | 2015-11-05 10:51 | 【自然情報】羽幌

カシラダカ

羽幌町内の防風林を散策しているとカシラダカの群れに遭遇しました。カシラダカは北海道で、春と秋に見る事ができる旅鳥です。
f0159390_13141938.jpg

地面に鳥がいることに気づかなかったので、十数羽のカシラダカが一斉に飛び立ったとき驚きました。どうやら草の種子などをついばんでいたようです。(2015.10.21 撮影)

さい
[PR]
by seabirdcenter | 2015-10-23 15:01 | 【自然情報】羽幌

ツルシギ

羽幌町内にある自然空間はぼろ(ビオトープ)にツルシギが現れました。ツルシギは春と秋に見られる旅鳥ですが、北海道野鳥図鑑によると、秋は少ないようです。
f0159390_15332731.jpg

                 (岩澤光子 撮影)

下の嘴と脚が赤いのが特徴です。シギの仲間は似ている種類が多いので見わけにくいですが、特徴を調べ、識別できる種を1種ずつ増やしていこうと思いました。

さい
[PR]
by seabirdcenter | 2015-10-14 15:42 | 【自然情報】羽幌

ミヤマカケス

海鳥センターの窓からミヤマカケスがいるのを見つけました。夏の間は山地で過ごし、秋から翌春頃まで市街地の林などに下りてきます。渡り鳥ではありませんが、比較的短い移動をします。
f0159390_1226141.jpg

ミヤマカケスを観察しているとこれから来る冬を感じずにはいられませんでした。(2015.10.6 撮影)

さい
[PR]
by seabirdcenter | 2015-10-10 12:51 | 【自然情報】羽幌

カワセミ

 羽幌町内の川沿いを散策していると、カワセミの幼鳥を発見しました。北海道でカワセミは夏鳥として河川や湖沼で見ることができます。
f0159390_13245874.jpg

↑カワセミ(幼鳥)
 
f0159390_13533686.jpg

↑上と同じカワセミ
 成鳥と比べて胸がくすんだ色をしていることや、足の色が薄いことなどで幼鳥だとわかります。

 実は幼鳥だと分かったのは撮影した後でした。成鳥はもっと鮮やかだと知り、親鳥と子どもが一緒に写った写真を撮りたいと思ってしまいました。(2015.8.28 撮影)


さい
[PR]
by seabirdcenter | 2015-08-29 14:24 | 【自然情報】羽幌

羽幌の野鳥

 羽幌町内の川で野鳥の観察をしました。短い観察時間でしたが何種類か野鳥を見ることができました。

 川沿いを歩いているとヤマゲラが飛んできました。ヤマゲラは北海道で周年見ることができる留鳥です。
f0159390_10434712.jpg

↑ヤマゲラ
 よく似ているアオゲラという鳥がいるのですが、アオゲラは本州以南に生息し、北海道では見ることができません。

 橋の上からカワアイサを観察することができました。主に冬鳥として湖沼や河川などに渡ってきます。
f0159390_104379.jpg

↑カワアイサ
 カモやアイサの仲間の一部では、繁殖期を終えたオスが目立たない羽色になる「エクリプス」というのを見ることができます。(2015.8.26 撮影)


さい
[PR]
by seabirdcenter | 2015-08-27 11:20 | 【自然情報】羽幌

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな