海鳥日記

カテゴリ:【海鳥情報】天売島( 116 )

ケイマフリの餌を狙うウミネコ



海上でケイマフリがくわえていたイカナゴを狙って,上空からウミネコがやってきました(撮影2015年6月27日).


まつ
[PR]
by seabirdcenter | 2015-07-27 17:50 | 【海鳥情報】天売島

航路調査2015 コウミスズメ ヒメウ ウトウほか

3月19日と3月20日に羽幌天売航路の海鳥調査を行いました。

今回はとにかくウトウだらけでした。ウトウが多すぎて他の鳥をじっくり数えられないほどでした。
f0159390_15144825.jpg


ケイマフリもたくさんいました。夏羽と冬羽が半々くらい。この個体には少し腹に冬羽が残っています。
f0159390_15145089.jpg


ウミガラスです。これも夏羽と冬羽の個体がいました。夏羽はハシブトウミガラスとの識別が難しいです。
f0159390_15144982.jpg


換羽中のハシブトウミガラス。足が橙色っぽく見えますが、足に黄色味が混じっている個体がいます。今の時期、たくさん出ることを期待していましたが、少しだけでした。
f0159390_15145560.jpg


ヒメウの非繁殖羽です。
f0159390_15164016.jpg


焼尻港にきれいな繁殖羽がとまっていました。
f0159390_15145459.jpg


コウミスズメもこの時期にしては少ないですが、いました。
f0159390_15145238.jpg


とても小さいので着水するとご飯粒くらいにしか見えません。
f0159390_15145112.jpg


このほかに、アビ、シロエリオオハム、アカエリカイツブリ、シロカモメ、オオセグロカモメ、ウミネコ、ウミウ、ウミスズメがいました。



[PR]
by seabirdcenter | 2015-03-24 15:26 | 【海鳥情報】天売島

羽幌天売航路 海鳥調査 2015年2月

2月6日に羽幌天売航路に海鳥調査にいきました。

この日は晴れて波も穏やかな調査日和でしたが、朝-16℃くらいまで冷え込みました。調査は船の甲板で行いますが、逆光を避けるために船の北側にいました。寒さは覚悟の上でしたので、しっかり防寒していましたが、調査記録を取るために手は薄いフリースの手袋でした。羽幌と焼尻の間はこの寒さのせいか、焼尻島が近づくまでほとんど海鳥が現れず、寒さとの戦いでした。手だけではなく、そのうち山用の防寒長靴にも冷えがきました。

今回は海鳥の数が出ませんでしたのでどうなるかと思っていましたが、種類は以外と出ました。

カモメ
f0159390_173217.jpg


焼尻島が近づくと出始めたハシジロアビ
f0159390_1721387.jpg



冬の間もわずかにいるウミスズメ
f0159390_1723268.jpg


こちらもわずかにいるコウミスズメ
f0159390_1715751.jpg


焼尻島のそばにいたハシブトウミガラス
f0159390_1722669.jpg


夏羽に換羽中のケイマフリ
f0159390_1721367.jpg


オオハムもいました。
f0159390_1714815.jpg

f0159390_175013.jpg


羽幌港の近くでゴマフアザラシが顔を出していました。
f0159390_1722619.jpg


海の上にハシブトガラス
f0159390_1714388.jpg



このほか出た鳥類 ウミガラス、オオセグロカモメ、シロカモメ、アカエリカイツブリ、シロエリオオハム、ヒメウ


[PR]
by seabirdcenter | 2015-02-06 17:14 | 【海鳥情報】天売島

航路海鳥調査 1月15日 ウミガラス ハシブトウミガラス

1月15日に羽幌天売航路で海鳥調査をしました。

この日は前回の12月の調査よりウミガラスがたくさんいました。
f0159390_16122316.jpg


早くも換羽した個体もいました。これは換羽中の個体
f0159390_16122488.jpg


またしても焼尻港内にハシブトウミガラスがいました。
f0159390_16122153.jpg


オオハムです。
f0159390_16122412.jpg


うまく写真が撮れませんでしたが、コウミスズメがいました。これまで航路では3月と4月にしか記録がなく、12月に苫前町で傷病記録、2月に羽幌港での記録があるだけでした。1月の記録は初めてです。

コウミスズメは3-4月の渡りの時のようにたくさんいないものの、冬の間も少数がいるのでしょう。

その他の目撃した鳥

ケイマフリ、ハシジロアビ、ウミウ、ヒメウ、オオセグロカモメ、シロカモメ



[PR]
by seabirdcenter | 2015-01-15 16:57 | 【海鳥情報】天売島

天売航路海鳥調査12月 ハシジロアビ ハシブトウミガラス

12月29日に羽幌天売航路の海鳥調査に行ってきました。

12月は波の状態が悪くなかなか行くことができず、遅くなってしまいました。

羽幌港を出てしばらくするとコオリガモが出てきました。
f0159390_1185067.jpg


つづいてウミガラス
f0159390_1185337.jpg


焼尻港が近づくとハシジロアビがいました。あたたかかったからか飛んでいるところは初めてみました。
f0159390_1251992.jpg


焼尻港のすぐ外と港内にいたハシブトウミガラス。天売港にも同じようにいました。沖では全く見ませんでした。
f0159390_1184919.jpg


焼尻港にいた若いオジロワシ
f0159390_118285.jpg


帰りにはなんと羽幌港の入り口のところにもハシブトウミガラスがいました。羽幌では初確認です。
f0159390_118572.jpg


行きの航路ではカモメ類をまったくみませんでした。

その他に観察した鳥類、
ケイマフリ、ウミスズメ、シロエリオオハム、ウミウ、ヒメウ、オオセグロカモメ、シロカモメ、ウミアイサ

良いお年を


[PR]
by seabirdcenter | 2014-12-30 01:26 | 【海鳥情報】天売島

天売航路調査 11/27 ウミガラス ケイマフリ

11月27日に羽幌天売航路の海鳥調査に行って来ました。

羽幌港を出てほどなくして出てきたのがカモメ
f0159390_8564531.jpg


やミツユビカモメ
f0159390_8565284.jpg


ウトウもまだいました。12月になるといなくなります。
f0159390_8562589.jpg


焼尻島が近づくとケイマフリが現れました。北の海から戻ってきました。
f0159390_8564599.jpg


焼尻島の北岸はヒメウがたくさんいるところです。これは幼鳥でしょうか?
f0159390_857418.jpg


焼尻港にとまっていた成鳥です。とてもきれいです。
f0159390_857114.jpg


船のすぐそばをバシャバシャと音がします。オオハムです。すぐに飛べないようです。
f0159390_8592386.jpg


天売島の近くにはアカエリカイツブリがいました。
f0159390_8562663.jpg


今回の調査ではウミガラスが出ることを期待していましたが、行きには出てきませんでした。

でも帰りの航路ではちゃんとでてきてくれました。冬羽です。
f0159390_9151841.jpg


そのほかに出た海鳥、ウミスズメ、ハシジロアビ、シロエリオオハム、カラスsp、オオセグロカモメ、シロカモメ



[PR]
by seabirdcenter | 2014-11-27 09:16 | 【海鳥情報】天売島

天売航路 10/30 11/2

10月30日と11月2日に羽幌天売航路で海鳥の調査をしました。

10月30日は船がかなり揺れましたが、ウトウ、ウミスズメ、オオハム、ハイイロミズナギドリ、ミツユビカモメがいました。

11月2日は多くのウトウがいました。
f0159390_13543736.jpg


そしてシロエリオオハムも出てきました。
f0159390_13552710.jpg


ウミウの群れがいました。これだけの大きな集団はみたことがありません。
f0159390_1125615.jpg



ウトウは12月になるといなくなりますが、これからケイマフリ、ウミガラスなどいろいろな海鳥が出てきます。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-11-04 13:59 | 【海鳥情報】天売島

1946-1949のOliver L. Austin氏の天売島の写真

1946-1949年に日本を訪れていたアメリカ人の鳥類学者のオースティン氏の写真がネットで公開されました。
http://128.186.155.80/omeka/items/browse?collection=1
この中には天売島の写真も含まれています。当時では珍しいカラー写真なので、その一部をここでも紹介させていただきます。上のリンクで天売島に関する写真は13ページ目くらいから数ページあります。

ケイマフリを捕まえたオースティン氏 左は赤岩
f0159390_954519.jpg


南側から見た赤岩。今と違って糞で真っ白です。
f0159390_10413929.jpg


今の赤岩展望台あたりから見た写真。やはり赤岩が真っ白です。
f0159390_9543988.jpg


赤岩の上の部分。ウミガラスがいるのが見えます。
f0159390_9542838.jpg


左が赤岩、正面に下に赤岩対崖のウミガラス繁殖地が見えます。現在利用している場所は右から二番目の穴です。このときはすべての穴にいたようです。その上にある穴でもウミガラスが見えます。
f0159390_9544589.jpg


海上の5羽のウミガラス
f0159390_954515.jpg


ケイマフリとヒナを捕まえた様子。アメリカにはいないので、海鳥関係者はみんな見たがります。
f0159390_954422.jpg


こちらは赤岩展望台付近のウトウの繁殖地 今よりもノガリヤスで鬱蒼としています。
f0159390_9545179.jpg


おなじみのウトウの巣穴です。
f0159390_9544218.jpg


捕まえたウトウ 扱いがよくないです。
f0159390_9545690.jpg


海の様子、沿岸に昆布が生えていて、今と変わらないようです。
f0159390_1027467.jpg


女郎子岩・カブト岩あたりの崖です。
f0159390_95588.jpg


天羽丸。天売焼尻に行くための定期船です。かつては苫前から出ていました。
f0159390_9542848.jpg


苫前と天売・焼尻の地図です。赤岩の先にはオロロン鳥が立っていて、展望台の当たりにはケント鴨(ウトウ)と書いてあります。
f0159390_10253220.jpg



苫前駅です。鉄道が走っていました。
f0159390_9545956.jpg


上のリンクには他にもたくさんの写真がありますので、興味のある方はどうぞ。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-10-24 10:18 | 【海鳥情報】天売島

ぼくのなまえはウミスズメ

ぼくの名前はウミスズメ、日本では天売島にしか住んでいなくて、まだ生まれたばかりなんだ。
f0159390_13574953.jpg


ぼくの家は天売島の崖の岩の隙間にあるんだ。卵は2つなんだ。お母さんとお父さんが交代で卵をあたためてくれるんだ。ここにいればオオセグロカモメやハシブトガラスが襲ってくることもなくて、安心なんだ。
f0159390_15374227.jpg


これがぼくのお父さんやお母さん。恐がりなので、夜にならないと巣に帰ってこないんだ。
f0159390_13575481.jpg


ぼくは生まれたらすぐに巣から出ないといけないんだ。島は危険がいっぱいなので、早く海に行きたいんだ。
食べ物がたくさんある海でお母さんやお父さんに世話をしてもらうんだ。こんなに小さいけど、ぼくは潜ることもできるんだよ。

だから、ぼくは生まれてからすぐにこの崖から海まで下りないといけないんだ。お父さんとお母さんは先に海にいて、「こっちだよ」と呼んでくれるんだ。ぼくはまだ小さくてふわふわだから、崖から落ちても大丈夫なんだ。


でも、崖の下の海岸には恐ろしい生きものがいるんだ。昔はいなかったんだけど、人が島にネコを連れてきたらしいんだ。そして、人が飼わなくなったネコが海岸に下りて来て僕たちが巣立つ夜にうろうろしていてとっても怖いんだ。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-10-23 15:13 | 【海鳥情報】天売島

アカエリヒレアシシギ8月

8月14日に羽幌天売航路にアカエリヒレアシシギがいました。
f0159390_8382778.jpg


アカエリヒレアシシギは雌は卵を産んでからすぐに南下します。雌が天売の海を通過するのが7月くらい。

雄とヒナは遅れてちょうど今頃南下します。

もう秋の渡りは始まっています。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-26 08:42 | 【海鳥情報】天売島

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな