海鳥日記

カテゴリ:天売島ネコ対策事業( 6 )

天売ネコ譲渡会を開催します!

海鳥センターで天売ネコの譲渡会を開催します!
f0159390_14204110.jpg

『天売ネコ譲渡会 in 羽幌』
海鳥センターで馴化中の天売ネコの譲渡会です。見学のみでも歓迎します。お気軽にお越し下さい。
日 時  平成27年3月8日(日)11:00〜16:00
場 所  北海道海鳥センター(苫前郡羽幌町北6条1丁目)
主 催  北海道海鳥センター
・11:00〜16:00までの間であれば、いつでもお越し下さい。
・見学のみでも気軽にお越し下さい。
・お子様だけでの見学はできません。
[PR]
by seabirdcenter | 2015-02-26 14:21 | 天売島ネコ対策事業

「天売ネコのお話しと見学会」のお知らせ

■「天売ネコのお話しと見学会」のお知らせ
f0159390_1662015.jpg

北海道海鳥センターで、天売島の海鳥の現状や天売ネコの取り組みについてのお話し会を行います。また、天売ネコの飼育室の見学会もあわせて行います。ぜひ、ご参加下さい!

日 時 2014年11月30日(日) 13:30〜15:00
場 所 北海道海鳥センター
内 容 ・天売島の海鳥の現状とネコ問題についての取り組み
    ・天売ネコ飼育室見学会
申 込 不要
参加費 無料

(いし)
[PR]
by seabirdcenter | 2014-11-23 16:07 | 天売島ネコ対策事業

天売島のノラネコの捕獲をスタートします!

 天売島には現在200~300頭のノラネコが生息しているとされて、ウミネコなどの海鳥のヒナや卵を捕食するほか、島民の日常生活にも影響を及ぼしています。
 そのため、羽幌町と環境省は、北海道獣医師会やNPO、地元団体などと連携し、「人と海鳥とネコが共生する天売島」を目指して、取組を行っています。
 その一環として、10月9日~11月30日までの予定で、天売島の海鳥繁殖地に行き来するノラネコの捕獲作業を行います。海鳥繁殖地には10~20頭ほどのノラネコが行き来していると思われ、まずはその捕獲を行います。

 捕獲したネコはフェリーで運搬し、動物病院で不妊・去勢・ワクチン接種などを行った後、北海道海鳥センターなどで一時飼育を行い、新しい飼い主を探していきます。また今後は市街地にいるノラネコの捕獲や不妊去勢などを行っていくことも検討しております。

 まずは、多くの方に天売島のネコ問題に関心を持ってもらえればと思います。そして良ければ天売のネコたちの飼い主になって下さい!
 また適宜、捕獲状況等についても紹介していきます。

f0159390_1225559.jpg

                        海鳥繁殖地のノラネコ

 たけ
[PR]
by seabirdcenter | 2014-10-07 12:05 | 天売島ネコ対策事業

旭山動物園で企画展示「天売島の海鳥とネコ」

旭山動物園の協力で、天売島のネコ問題とその対策についての企画展示を始めます。場所は東門近くの動物資料展示館・動物図書館の1階です。期間は夏期開園の始まる4月27日から、お盆までの開催予定です。
f0159390_1136276.jpg

そこで昨日、休園中の動物園で展示パネルの設置作業をしてきました。
f0159390_11351654.jpg

パネルは全部で12枚あり、天売島と海鳥の紹介から始まり、減りつつある海鳥とその保護活動について紹介し、減少原因の一つとして、天売島のネコ問題を取り上げています。
f0159390_1141476.jpg

天売島では、羽幌町が昨年に「天売島ネコ飼養条例」を制定し、本格的にネコ対策に乗り出しました。ノネコ・ノラネコを島外へ出し、北海道獣医師会の協力で人が飼えるように馴化し、新たな飼い主を募集して飼ってもらおう、という計画です。こうすることで、海鳥保護だけではなくネコの健康や幸せも守ることができるのだと考えています。
f0159390_11415266.jpg
旭山動物園に来園する多くの皆様にこの展示を見て、この取り組みについて知っていただき、野生動物とペットの命について考えていただければと思います。

旭山動物園にお越しの際は、ぜひ、動物資料展示館・動物図書館にもお立ち寄りください。

【関連リンク】
 ・旭山動物園のウェブサイト
 ・天売島のネコ問題と取り組み(1)(海鳥日記 2012/09/19)
 ・天売島のネコ問題と取り組み(2)(海鳥日記 2012/ 10/07)

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2013-04-23 17:00 | 天売島ネコ対策事業

人とネコと海鳥が共生する島を目指して・その2

先日、このブログで紹介した天売島のノラネコ・ノネコに関する記事の続きです。

ひと月ほど報告が遅くなりましたが、先日のシンポジウムの後、さっそく天売島のノラネコ・ノネコ対策の活動がスタートしました。

まずは、飼いネコの登録(マイクロチップの挿入)と避妊・去勢手術です。9月10日〜13日、北海道獣医師会から獣医師と看護師8名に来ていただきました。

獣医師だけではなく、この日のために天売島の仮設診療所に、トラック1台分の最新医療機器が運びこまれました。
f0159390_16455797.jpg
f0159390_16463488.jpg


マイクロチップはとても小さいものなので、太めの注射器のようなもので挿入します。ほんの一瞬で終わります。
f0159390_16463877.jpg


避妊・去勢手術は任意でしたが、最新機材を使いネコへの負担が少ないこと、手術を受けた方が健康で長生きできることなど、獣医師からの説明を受けて、皆さん受けていただくことができました。
f0159390_16464894.jpg


今回の取り組みにより、飼いネコとノラネコ・ノネコの区別がつくようになります。また、飼いネコから、飼われること無いノラネコ・ノネコが新たに生まれることが無くなります。

さらに今後につながる発見が少しありました。持ち込まれたネコは全て血液検査をしましたが、ネコエイズに感染しているネコが1匹もいませんでした。もしかしたら、天売島にはネコエイズのウイルスが無いのかもしれません。それと、天売のネコは小顔のネコが多く、とても可愛く見えます。
f0159390_16461832.jpg


来年からはノラネコとノネコ対策の事業へとシフトします。前回紹介したように、捕獲後に島外へ運び、獣医師の協力により馴化して新たな飼い主へリレーすることが目標です。その際、ウィルスのない健康なネコであることと、小顔で可愛らしいネコであることは、新たな飼い主を探すのに有利なのではないかと思いました。

来年度以降の動きについては、具体的にはまだ決まっていません。ですが、人とネコと海鳥が共生する島を目指して取り組みを進めていきます。

来年以降、馴化が上手く進めば新たな飼い主探しがスタートします。その際は皆さんもぜひ検討してください。私はすでに羽幌のノラネコ出身ネコを1匹飼っていますが、もう1匹、天売ネコも飼ってみたいと考えています!
f0159390_9481995.jpg

最後になりましたが、北海道獣医師会の獣医師・看護師の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。また、マイクロチップ挿入や避妊・去勢手術を受けていただいた飼い主の皆さん、ありがとうございました。この事業は、天売島の皆さんの理解が無くては進められません。私たちもこの事業について理解していただけるよう努力しますので、今後も協力をお願いします。

( I )


■10月の休館日
1日(月)、9日(火)、15日(月)、22日(月)、29日(月)
[PR]
by seabirdcenter | 2012-10-07 17:31 | 天売島ネコ対策事業

人とネコと海鳥が共生する島を目指して・その1

天売島には、ネコがたくさんいます。その多くがノラネコやノネコで、推定200匹〜300匹ほどいると思われます。私もネコ好きなので、見ている分には可愛いのですが、一部が海鳥繁殖地に出入りをして、ウミネコなどの繁殖を撹乱していることが確認されています。
f0159390_18112595.jpg

また、ネコ好きには可愛いノラネコやノネコも、ネコが嫌いな人にとっては畑に糞をされたり、家に入ってきたり、迷惑な存在です。さらには、ノラネコやノネコ自身も交通事故に遭ったり、病気にかかりやすかったり、厳しい冬を乗り切れなかったり、決して穏やかに暮らせる環境ではありません。

そこで羽幌町では、天売島のネコ問題を解決するため、(1)ネコの健康と安全の保持、(2)海鳥繁殖地の保護、(3)住民生活の保護、を目的に今年の4月に「天売島ネコ飼養条例」を制定しました。飼い猫を登録制にして、ノラネコやノネコを島外に出し、馴化(ペットとして飼えるように慣らすこと)の後、新たな飼い主に飼ってもらおうという計画です。

この計画を進めるためには多くの方の協力が必要です。とくに馴化は専門的知識を持った獣医師の協力が不可欠です。そのため、天売島のネコ問題解決のために何ができるかを話し合う場として、環境省と北海道獣医師会が主催で、「ペットの適正飼養シンポジウム」が開催されました。
f0159390_18115755.jpg

はじめの講演では沖縄やんばるでの事例紹介や小笠原での東京都獣医師会の取り組み紹介があり、大変興味深い内容でした。とくに東京都獣医師会が行っているノネコの馴化と新たな飼い主へのリレーは、天売島でもぜひ実現させたいと思う取り組みでした。
f0159390_18122197.jpg

その後のパネルディスカッションでは、天売島のネコ問題にどう関わることができるのか、かなり突っ込んだ話し合いが行われました。とくに獣医師がプロとしてこの問題に関わる意味についての議論が聞けたことで、今後の展開が見えてきたように思いました。
f0159390_18122236.jpg

シンポジウムには100名を越える方にお越しいただきました。また、質疑応答ではさまざまな立場の方から発言があり、大変嬉しく思いました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

天売島が、人とネコと海鳥が共生する島となるよう、今後具体的な取り組みをスタートさせていく予定です。このブログを読んで下さっている方には、いずれ新たな飼い主の募集など協力をお願いすることもあるかもしれません。その時は、ぜひご協力ください。よろしくお願いいたします。

( I )
[PR]
by seabirdcenter | 2012-09-19 18:20 | 天売島ネコ対策事業

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな