海鳥日記

カテゴリ:本日の傷病鳥( 35 )

消防署の前にウソ

2月13日に羽幌の消防署の前にウソがいました。

消防署の前に落ちていたそうです。
f0159390_1754731.jpg


飛べないようだったので、足が悪いと消防署の人は言っていましたが、海鳥センターに連れてくると足は大丈夫でした。しかし、飛ばないのでしばらく様子を見ました。しばらくすると元気になり、飛ぶこともできました。
どうやら消防署のガラスか何かにぶつかって脳しんとうを起こしたようです。

その日の内にウソを林の中に放鳥してきました。

羽幌で2月にウソの記録がなかったので、新たな記録となりました。
探していても出会わないのに、意外なところにいますね。



[PR]
by seabirdcenter | 2015-02-13 17:52 | 本日の傷病鳥

宗谷岬でケイマフリ保護

12月26日に宗谷岬でケイマフリが保護されました。
f0159390_15553188.jpg
稚内自然保護官事務所 提供


宗谷岬のガソリンスタンドにいるところを保護されたそうです。

ケイマフリは普段沖合いにいますがは風にふかれて上陸してしまうことがあります。

このケイマフリは体重が600gあり、元気そうだったので、稚内で放鳥されました。


[PR]
by seabirdcenter | 2014-12-26 15:58 | 本日の傷病鳥

稚内でヒメウ保護

12月17日に稚内市でヒメウが保護されました。

トラックの下に隠れていたそうです。
f0159390_9113955.jpg


ヒメウは海鳥センターに運ばれてきました。頭に灰色味がかかっているので幼鳥に見えます。
f0159390_9121326.jpg


体重が800gしかなかったので、魚を与えて様子をみます。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-12-19 09:16 | 本日の傷病鳥

天塩町でフルマカモメ保護

11月15日に天塩町でフルマカモメが保護されました。
f0159390_14122463.jpg


フルマカモメはミズナギドリの仲間です。

白いタイプと灰色のタイプがいてこの個体は灰色タイプです。とてもきれいです。

このあと海鳥センターで給餌した後、放鳥しました。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-11-21 14:12 | 本日の傷病鳥

知内でカンムリウミスズメ保護

8月1日に道南の知内町でカンムリウミスズメが保護されました。

海岸でカラスに襲われていたそうです。保護したのは知内町在住の渡辺純己(よしき)さんです。このカンムリウミスズメは足や翼を怪我しており、残念ながらその後死んでしまったそうです。
f0159390_9513067.jpg


このカンムリウミスズメは標本として海鳥センターに送られてきました。

カンムリウミスズメは本州の離島で繁殖していますが、この時期北海道の沿岸海域に北上することが知られています。繁殖羽と異なり冬羽の標本は少ないので、標本として換羽の状況や成鳥と幼鳥の違いを見極めるための重要な資料として役立てられると思います。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-08-12 10:00 | 本日の傷病鳥

またオジロワシが風車に当たりました

1月29日にまたオジロワシが風車に当たりました。
f0159390_13394119.jpg


1月23日にぶつかったばかりなのに立て続けです。

今度は残念ながら生きていませんでした。今度のは5-6歳で成鳥に近い亜成鳥か成鳥でした。羽幌町の在住の方がオジロワシが落ちてくるのを目撃したそうです。

この風車の下には監視カメラが取り付けられており、ぶつかった様子がとらえられていれば、今後の対策に役立つかもしれません。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-01-30 13:52 | 本日の傷病鳥

オジロワシ回復へ

1月23日に苫前町の風車に当たって釧路に運ばれたオジロワシが少し元気になりました。
f0159390_933378.jpg
猛禽類医学研究所 提供


苫前町の国道沿いの3基の風車に当たって保護されたオジロワシの幼鳥が釧路の野生生物保護センターで手術を受け、立ち上がり餌を食べられるまでに回復しました。

これまで風車に当たって生き残った事例はなく、初めてのことです。ただ猛禽類医学研究所の渡辺有希子獣医師によると「風車にまともに当たって生き残ることは考えにくいので、かするなどして落下したのでは」とのことでした。

いずれにしても、怪我をしたまま放置しておくと寒さやキツネやカラスなどにつつかれて死んでしまいます。今回当たった風車の周りは国道から見えづらい位置にあるのですが、高台にあり国道側は斜面となっています。偶然この斜面に落ちたため、偶然通りかかった羽幌町の方に発見されました。

海鳥センターに収容されてからは環境省の職員が手分けをして釧路まで運び、釧路の野生生物保護センターに到着したのはその日の夜10時でした。そして、すぐに手術を行いました。渡辺獣医師によると「骨と筋肉がうまくつながってくれれば野生復帰できるかもしれない」とのことでした。

多くの人の努力により、このオジロワシはとりあえず一命をとりとめました。
もっと回復してぜひ野生復帰して欲しいです。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-01-29 09:27 | 本日の傷病鳥

不幸中の幸い

1月23日に苫前町でオジロワシが風車の下でうずくまっていました。
f0159390_1724617.jpg


翼が折れていましたが、生きていました。
これまで風車に当たったワシが生きているのを見たことはありません。
当たって落ちた場所が国道から見えやすかったことが不幸中の幸いでした。
たまたま通りかかった羽幌町の方が教えてくれました。

このオジロワシは幼鳥で羽根が折れて動けなくなっていましたが、体には外傷はありませんでした。
f0159390_173139.jpg


幼鳥はすぐに釧路にある野生生物保護センターに運ばれて行きました。


どうにかよくなって欲しいものです。



[PR]
by seabirdcenter | 2014-01-24 17:09 | 本日の傷病鳥

ウトウの幼鳥が保護されました

8月13日にウトウの幼鳥が羽幌に漂着しました。

ウトウは海鳥センターに収容されました。
f0159390_133264.jpg


通常天売島の巣立ち前のヒナの体重は300-350gあるのですが、この個体は200gほどしかありませんでしたので、餌を与えることにしました。
f0159390_1331655.jpg

餌はすぐに自分で食べるようになりました。後に羽ばたきの練習もしていました。


体重が260gほどに増えたので8月20日に放鳥しました。
自ら水面に下り、すぐに潜って遠くへ行ってしまいました。


今年のウトウの繁殖の開始は春の低温のため遅れました。冬の寒さがあってか前半の餌の状況はよかったようですが、6月頃から急激に暑くなり海水温が上昇したために、高温を嫌う魚の餌場が遠くなったと考えられます。このため巣立ち期にもかかわらず、多くの小さいヒナがまだ巣にいました。この高温のためか親鳥も通常の年と同じ時期に餌をあまり運ばなくなりました。8月上旬にウトウの繁殖地に行ったときも多くのウトウの幼鳥の死体がありました。

ウトウだけではありません。ウミガラスも2011年、12年より10日くらい早くやや小さいヒナを連れて巣立ってしまいました。ケイマフリも6月下旬に非常に多くの餌を運んでいたのが、7月中旬にはかなり少なくなりました。焼尻の漁師さんの話によると海には例年より多くの幼鳥の死体が浮いているそうです。

今回保護されたウトウの幼鳥は今年の餌不足を象徴しているかもしれません。



[PR]
by seabirdcenter | 2013-08-21 12:54 | 本日の傷病鳥

ウミウ幼鳥

8月2日に苫前の国道でウミウの幼鳥が保護されました。
f0159390_14562720.jpg


このウミウは海鳥センターに来たときは体重が1100gほどでとてもやせており、立っていられないほどでした。

バケツに水をくむと自分で飲み始め、立ち上がれるようになりました。
体力を付けさせるためにイカナゴを与えようとすると始めは受け付けませんでしたが、入れ物に置いといたところ、自分で食べていたようです。

3日ほど海鳥センターにいたあと、海に放鳥しました。

天売島か焼尻から来たのでしょうか?無事に成鳥になって欲しいものです。




[PR]
by seabirdcenter | 2013-08-12 15:03 | 本日の傷病鳥

北海道海鳥センター 日々の出来事
by seabirdcenter
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

最新の記事

北海道海鳥センターfaceb..
at 2016-05-05 13:41
あしあと
at 2015-12-25 12:43
羽幌町の積雪
at 2015-12-22 11:51
シノリガモ・クロガモ
at 2015-11-21 14:59
オツネントンボ
at 2015-11-11 12:50
マガンの群れが羽幌を通過して..
at 2015-11-05 10:51
「天売猫のお話しと見学会」を..
at 2015-10-27 15:12
カシラダカ
at 2015-10-23 15:01
ツルシギ
at 2015-10-14 15:42
ミヤマカケス
at 2015-10-10 12:51
海鳥研究発表会を開催します!
at 2015-10-01 16:42
カワセミ
at 2015-08-29 14:24
ウミガラス保護増殖事業の機器..
at 2015-08-27 12:24
羽幌の野鳥
at 2015-08-27 11:20
ウミガラスの繁殖が終了しました!
at 2015-08-27 08:02

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな